メニュー

冬の京都、鴨川と自転車

「観光」には向いていない冬の京都かもしれませんが、観光客で混雑していないのでゆっくりできるのでオススメですよ。
寒さに関してはもちろん承知してお出かけください(笑)

20110107-IMGP9907_tonemapped

晴れた空は豪快で透き通っていて本当に綺麗です。

鴨川の綺麗な水が流れるのを見ながら、京都の町を感じるのはとても気持ちの良いことです。
これだけの観光客で賑わい、100万人以上の都市でありながら川の水が透明なのは素晴らしいです。
朝早くボランティアの方、または市民団体の方が川に流れるゴミを掃除しているのをみたことがあります。
もちろん、町も毎朝みなさん掃除しているので、本当に綺麗な観光地だなと思います。

 

20110107-IMGP9912_tonemapped

 

どこかでレンタサイクルで自転車を借りてゆっくり回るのもオススメです。もう一度言いますが、冬は寒いですよ(笑)
鴨川は北大路や北山から下って行くと全然違う景色が一度で見ることが出来ます。
暖かい季節に京都を訪れる次の機会には、自転車をまた乗ってみたくなると思いますよ。

京都観光では要所まで網羅するバスが便利ではありますが、覚えるまでは乗り換えが複雑ですし、シーズンは渋滞で時間をロスすることがあります。また、メトロは早いですが、行ける場所が限られてきます。

京都市内では自転車の方が移動手段としては賢明です。意外に町が狭くて自転車だと目的地まで簡単に行けるのが分かるはずです。
そして自転車だと普段見れない「観光ではない、生活の匂い」のする京都が感じられると思います。
町の空気感を感じるのは自転車がとても適しています。

 

ところで京都市内は南から北へゆったりとした坂道が延々に続きます。
北大路(緯度で言うと下鴨神社や金閣寺よりも少し上の大通り)と京都駅近くにそびえる東寺五重塔と高さが同じと言われます。
南側から登って行くといつもよりも自転車が進みにくい感覚があるかもしれませんが、帰りはとても気持ち良く戻れるのでオススメです。

また、あまり坂が苦手な方は東西を進むと坂に当たりにくいです。ただし金閣寺、龍安寺、仁和寺と続くゴールデンルートの「きぬかけの道」は仁和寺から行くと相当な坂なので一乗寺通り、今出川通を戻ると上り坂を回避できます。

まずは次の京都旅行では自転車を借りて鴨川を走ってみてください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る