メニュー

【スペイン】グラナダのオススメ写真撮影スポット

街の景色、高台からの風景、人々のスナップショット、そしてアルハンブラ内での撮影。。。グラナダでは撮影スポットがありすぎてメモリーカードの容量を気にしなくてはなりません。
写真撮影するにはそんな嬉しい悩みが付いてくるグラナダ観光ですが、グラナダの街、そしてアルハンブラ宮殿内での特にオススメのビューポイント撮影スポットお伝えしたいと思います。


グラナダ観光地全体での撮影ポイント

まずはグラナダの街でのビューポイントです。それ以外にも沢山見どころがありますので、過去記事のグラナダの見どころをご覧ください。

グラナダで撮影する時には必ずアルハンブラ宮殿が入る景色を選んだほうが良いです。切り立った丘に建てらてた宮殿はまるで戦艦のようにも見えます。グラナダ内の数ある展望台でもサン・ニコラス展望台周辺とサン・ミゲル展望台周辺は一番のビューポイントでした。
地図上で真ん中の青星がアルバイシン地区のサン・ニコラス展望台、上の青星がサクロモンテ地区のサン・ミゲル展望台となります。
両スポットとも周辺にはいくつかの眺めの良い位置があるため、わざわざポイントに拘らずとも常に位置を変えて撮影を楽しむことができます。
サン・ニコラス周辺はアクセスしやすいために混雑しますが、Mezquita Mayor Granadaは穴場ですし、アルハンブラ宮殿を楽しめるレストランも幾つかあります。
レストランから見れるなんて贅沢ですよね。事前に景観をチェックして夕焼け前に席に座って(確か予約ができなかったので)カフェ→ディナーまで楽しむと言うのも良いアイデアです。

また、サン・ニコラス展望台はまだ街中の高台なのでアクセスしやすいところですが、もう一方のサン・ミゲル展望台はサクロモンテの小高い丘の上にあるために登頂までに十分な時間を確保した方が良いです。

サン・ミゲル展望台周辺は朝方よりも西の方向に向いているために夕方に行くのをオススメします。夕日が落ちた後の街の灯りが点き始めたアルハンブラ宮殿の光景は素晴らしいです。
(夕焼けどきには混雑するサン・ニコラス展望台周辺は夕日が見える場所ではなく、夕日に染まるアルハンブラ宮殿の壮大な景観を楽しむ場所です)


どちらの展望台が良いか

「夕日も一緒に写真に収めたい」ということであればサン・ミゲル展望台の方がオススメです。グラナダの夕日はものすごくパワーがあるので夕日鑑賞は大きなイベントです。
逆に夕焼けどきに混雑するサン・ニコラス展望台は、早朝時に人がいない自由に撮影できるスポットと変わりますので朝に回すのも一つの方法です。

両スポットで写真を収めることをオススメしますが、あまり時間がない方であればサン・ニコラス周辺での撮影が良いと思います。日中のアルバイシン地区のお店を練り歩きながら到着するサン・ニコラス展望台での景色は感動ものです。
特にシエラネバダ山脈に雪が積もっている季節であれば、素晴らしいアルハンブラ宮殿が撮影できるはずです。

上のオリジナル地図のリンクをこちらに貼っておきますので拡大して確認してみてください。

 

アルハンブラ宮殿内

各宮殿内の写真はもちろん撮影スポットが目白押しなアルハンブラ宮殿内ですが、景観で素晴らしいのはアルカサバナスル宮手前のテラスの2箇所です。アルカサバでは塔の一番上から眺める360度パノラマなグラナダの街の景色が圧巻です。ナスル宮に入る手前のテラスでは目の前にアルバイシンの丘がありますので、立体的な街並みを楽しむことができます。ただこの景色はナスル宮内からでも同様に楽しめますので、アルバイシンを優先に見た方が良いです。

個人的にですが、カール5世宮殿の夜の撮影が非常に良かったです。夜にアルハンブラ宮殿を訪れる機会があれば是非ここに来る時間も確保しておいてください。

上のオリジナル地図の拡大版はこちらになります。

フラメンコの撮影

私が行ったタブラオでは動画も写真撮影も出来るところでしたが、街や場所が違うと撮影がNGなところもあります。そしてグラナダの場合は雰囲気のある洞窟内でのショーとなりますので、フラメンコを撮影したいとなればサクロモンテのタブラオは外せません。

それ以外にも展望台(Mirador)やシャッターボタンを押したくなるような被写体にはいくらでも出会うことができますのでデジカメのバッテリーとメモリーカードの容量十分にグラナダ撮影を挑んでみてくださいね!

以上がグラナダ滞在での私の撮影オススメスポットでした。

 

関連記事

ページ上部へ戻る