メニュー

【スペイン】グラナダ、アルハンブラの離宮・ヘネラリフェにて

グラナダ滞在最後の日のアルハンブラ宮殿のナスル宮の日中見学の予約をしました。
グラナダに来たら、いやアンダルシアに来たらアルハンブラは必ず見たほうが良いと来ていたので、欲張って夜と日中の両方を味わいました。

その前に時間があったのでヘネラリフェとアルカサバも周ることにしました。


ヘネラリフェはアルハンブラ宮殿の離宮です。
夏の保養地として利用されていたフェネラリフェですが、離宮と言ってもアルハンブラ宮殿からは歩いてすぐのアルハンブラ敷地内にあります。かつては渓谷がありアルハンブラとは離れていたので離宮と言う名前もうなづけます。
ここヘネラリフェ離宮は豊かな水と緑や様々な種類の花が咲いていますので、癒しの要素がたくさんある空間です。

庭園内は美しく整備されていて、綺麗な形に整えられている緑の壁や模様、要所で咲いている花は色も鮮やかで豪華です。

西側の通りからはアルハンブラ宮殿を望めるので、夏の間はこのように少し離れた位置から宮殿を景観を楽しんだのでしょう。

アルハンブラ宮殿をこの角度から見れるというのは贅沢かもしれません。皆この角度から見えるアルハンブラ宮殿を写真に収めることに時間を費やしていました。

宮殿の北側に行けばアルバイシンサクロモンテ地区も眺めることができます。

花の咲き具合に関しては出来れば春や初夏の時期の訪問がオススメできそうです。9月は暑さを乗り越えたばかりの時期のためにそれほど楽しめなかったです。

桜は別ですが、基本的に私は「花より団子」派なので、アルカサバナスル宮にウェイトを占めたためにヘネラリフェの滞在はそれほど長くはなかったです(笑)

アルハンブラ宮殿チケットに含まれているので、時間があるのであれば訪れても良い場所ですが、写真スポット中庭がメインでそこまでありません。花や植物の香りを楽しんだり、水の豊かなところを見て和む感じです。

次回は、アルハンブラ宮殿内にあるグラナダの街と宮殿を一望できるアルカサバに行きます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る