メニュー

【スペイン】白い村の超穴場・オルベラ

アンダルシアの風景と言えば、オリーブやひまわりの畑が一面に広がっていたり、荒野の小高い丘の中腹や頂上に白壁の家々が立ち並ぶ集落を思い浮かべる人が多いかと思います。

白い村が高い場所に造られているのは、当時蔓延した疫病を避ける理由や、中世に繰り広げられたキリスト教徒とイスラム教の戦いの影響を避けるため城壁によって町が形成されています。
日本では「天空の城・竹田城跡」など、天空にある遺跡にロマンを感じる方も多いのではないかと思います。その様な方(私のような?)であればきっとアンダルシアの景観が気に入られるのではないでしょうか。

今回私が訪れた白い村7つの箇所で一番印象に残っている町がオルベラ(Olvera)です。

周辺のエリアでは比較的高さのある丘の山頂に城壁と共に造られたこの町の坂は強烈で、町のシンボルである教会と城塞に行くには相当な急坂を登る必要があります。

img_6451

あまりの急坂に驚きましたが、ここで村の人たちは普通に生活していることを想像できません。

img_6120

img_6189

この町に寄る時間があれば是非数泊は滞在して欲しいですが、現在のところバスを利用した場合はもれなく帰りの便がないために、必然的にこの町に滞在することとなります。

img_6121

img_6204

img_6245

体力に自信のない方は、少しアンダルシアの坂に慣れてきてから訪問がした方が良い町かもしれません。
でもこの町を登りきったところに待ち構える教会からは、あなたも素晴らしい景観に出会えること間違いなしです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る