メニュー

【スペイン】パラドール ロンダ

ロンダと言えば絶壁に架かる橋・Puente Nuevo橋が有名です。むしろこの橋が「ロンダ」と思われているぐらいロンダの町のイメージを支配しています。

Puente Nuevo橋のたもとに鎮座するのがロンダのパラドールです。

img_5631

パラドールはラグジュアリーホテルで、スペイン国内の廃墟となった無数の要塞、城、歴史的建築物などを国が宿泊施設として改築、管理しているものです。
5つ星のサービスながら国の経営と言うことで4つ星に下げているとも話を聞きます。

要塞やお城に宿泊できるなんて日本人にとっては夢のようですよね!
基本的にパラドールはパラドール自体が観光名所の一部をなっていたり、町の中心街に位置しているため観光には非常に便利なホテルです。

パラドールとして有名なところでは、グラナダのアルハンブラ神殿内にあるパラドールかと思います。ここはシーズンを通して宿泊予約が困難なだけでなく、金額も他のパラドールと比べて高額な設定になっています。

※ヨーロッパの一流ホテルと比べて価格がお得なのがパラドールの良いところです。

以前パラドールは一度だけ泊まったことがありましたが、とても良い思い出が出来たので、また泊まりたいと思ってウェブサイトを見たり、友人に紹介することがあります。

その際にはいつも見せるパラドールがカルドナロンダです。
2つともインパクトありすぎるホテルなので、見せると必ず驚かれます。

カルドナはまだですが、今回はようやくロンダへの宿泊が実現しました。

ロンダは昔から訪れてみたいところでしたし、パラドールなら絶景間違しっと思って今回は予約していました。
ちなみにロンダのパラドールは、ロンダ市の旧市庁舎を改築して作られたそうです。昔は市庁舎が非常に良いロケーションにあったんですね。

Puuente Nuevo橋の真横にあるパラドール。どうせなら景観を楽しまないといけませんので景色の良い部屋を予約しました。

img_5507

部屋は思った以上に広く、とても使いやすかったです。
窓が大きくて、天井から伸びるカーテンが良いですね。角部屋のメリットで2面を贅沢に窓がありとても明るいお部屋です。

img_5623-hdr-edit

 

img_5618

バスルームも広く、きちんと整備されています。
お湯の量は今まで海外旅行した中で一番強力でした。日差しの強い国ではシャワーを頻繁に使いますが、お湯の出が気持ち良く助かりました。

img_5627

img_5628
部屋2面のそれぞれ窓は開放式。
小さなバルコニーがあり、そこからの景色がこんな感じです。

img_5649

迫力満点のPuente Nuevo橋が自分の部屋の真下にあるのは感激モノでした。

時間が許す限り、太陽に照らされて行く橋Puente Nuevoの1日を見ていたかったです。
ロンダは橋だけでなく、見どころが沢山ということで歩いてみることにしました。

ロンダにはこの橋以外にもいくつも観光名所がありますし美味しいレストランが多い町として有名です。
スーパーも幾つかあって、ショッピングストリートも活気があって、しばらく滞在するには非常に快適な場所です(さすがにパラドールには1泊しか泊まりませんが)。

関連記事

  1. 2016.01.10

    エ場モ工
ページ上部へ戻る