メニュー

スペイン・アンダルシアに向かうにあたりまして

9月にまるまるブログ記事を書かない日々を過ごしてしまいました。
色々と書ける題材はあったのですが、一度離れてしまうと取り戻すのには切っ掛けが必要ですね。

そういう意味でも続けるためには自分に励みになることを見つけるとか、強迫観念を作るかで続けていくのが良いのでしょうか(笑)
「継続は力なり」と言う言葉をまざまざと思い知らされている今日です。

たまに検索で上位に表示される諸先輩方の旅のブログを拝見しますのですが、旅のブログを常に更新しているのは凄いと思います。
旅をしていると、「どうせ放浪してロクでもない時間の使い方しているんじゃないの?」って言われがちですが、実は「見聞を広める(←偉そうに)」ために活動しているので、時間がありそうでないのです。なかなか記事を書く時間を取るのが難しいです。
旅をしている間、毎日書ける人は、いったいどうやって書いているのかを知りたいです。

得に私の場合は、撮影する一番のタイミングが朝方と夕方、そして夜景がメインとなっています。とは言っても日中は観光名所周辺で動き回りたいので時間が取れません。
ヨーロッパのこの時期は太陽が長く顔を出しているので、朝は早く、そして夜は遅いために寝不足の毎日でした。

と色々と言い訳を書きながら、今後はしばらく今回の旅をオカズに、そしてこれからはなるべくコンスタントに書いていきたいと思います。
元々大した記事書いていないので、本当にやらなきゃヤバいですよね。

 

9月にアンダルシアに行ってきました。

%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%92%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%8a

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%a9

%e3%82%bb%e3%83%93%e3%83%aa%e3%82%a2

アンダルシアの場所はスペインの南、地中海沿いです。コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)と言う眩いほどの太陽の光が降り注ぐリゾートビーチが有名です。同時に「ザ・スペイン」とも言える文化が色濃く残った地域でもあります。
そうです、アンダルシアは闘牛やフラメンコの発祥の地なのです。日本人にとってはスペインと言ってまずに思い浮かべるのはこの2つのキーワードでしょう。(お腹減っている方はパエリヤやイベリコ豚かもしれませんが。。。)

イスラム統治時代の建築が多く残っており、他のヨーロッパの地域とは一線を画しています。

マドリッド周辺とバルセロナしか行ったことがない私は、まだ「真のスペイン」を見ていないのだから、いずれはこの地域に行かねばならないと思っていました。
今回ふとした切っ掛けがあり、じっくりと撮影の機会に恵まれることとなりました。

写真を少しずつまとめて来たので、これからはしばらく「スペイン多め」で書いていこうかと思います。

関連記事

  1. 2015.10.06

    徐福について
ページ上部へ戻る