メニュー

RAWファイルとは

RAWデータでの撮影形式は、現在多くのカメラに搭載しています。
カメラ内の「画質設定」、「記録画質」などのオプションからJPEG→RAWの変更が可能です。
RAWファイルは高品質な状態で写真を編集するための記録形式です。

基本的にHDR合成で利用するのがJPEGではなく、このRAW形式での撮影です。

RAWでの撮影って慣れていないと取っつきづらい感じはありますが、作品を作っていく場合は、普段からJPEGではなくRAWで撮影していくことを絶対にオススメします。
私も最初は「RAW?現像ソフト?試してみたいけど手が出ないなぁ。。。」って感じでした。
でも現在カメラの設定は結婚式の撮影以外はずっとRAW形式ですし、JPEGで保存するのはカメラ本来の素のデータで撮影できていないので勿体なく感じています。

RAWフードのお寿司、激ウマです。

RAWファイルというのは、日本語で「生」(データ=光の強さを取り込んだデータ)を表していて、写真加工や編集をおこなうための形式です。
コンピューターはJPEGファイルは扱えますが、RAWファイルは扱うことができませんので、この「生」の状態は専門のソフトを利用することになります。


RAWファイルを利用するメリット

ーホワイトバランスが変更可能
RAWファイルでは撮影後の写真でもホワイトバランスの変更ができます。
撮影時のホワイトバランスの設定が「オート」の場合はあまり気にしないかもしれませんが、より雰囲気のある色調にする場合にはホワイトバランスの設定が必要です。JPEGでももちろんホワイトバランスの設定は可能ですが、RAWの場合は後から変更が出来ることは大きなメリットです。

ピザまずぞう
このピザ美味しかったのに全然伝わらないですよね。。。このピザの写真にホワイトバランスの値を設定してみました。

まあまあ美味しそう?
色温度の設定を3200から2200に変更しました。
真っ赤かでトマトソースをぶっかけただけのようなピザが色々な具材が存在していることが確認できるぐらいになりました(笑)

ー画質や階調(ダイナミックレンジ)
RAWデータはJPEGデータよりたくさんのデータが入っているので、加工や色調補正をする際にはRAWデータの方が余裕のあるイメージを作成できます。また広い色情報を持っているため黒つぶれ、白とびなども起きにくく、高品質なイメージに仕上げることが出来ます。

ー劣化しにくい
JPEGは圧縮画像なので、その圧縮画像を後処理したり加工で補正したりすればするほど、どんどん劣化していきます。RAWデータは何度も現像してJPEGを生成することが出来ますし、劣化が極めてないデータです。
もう一つのメリットとしては、劣化が非常にしにくいデータなので、保存には適しています。(ただしJPEGよりもかなり大きいデータサイズです)

ー最新の現像ソフトで写真が見違えるほど変わるかも?
現像ソフトメーカーは日進月歩で機能が進化しています。
最近では現像だけではなく、写真ないのいらない物体(看板や電線まで)を簡単に消すことが出来る機能もあります。
昔撮影したものであってもRAWデータであれば、今後のソフトの進化により捨てるつもりだった写真がもの凄く美しくなるかもしれません。


RAWファイルを利用するデメリット

ー専用ソフトが必要
この部分で少し手間がかかります。普段撮影した写真をそのままSNSで共有したり、メールで送信している方には面倒な作業かもしれません。
現像ソフトにはファイル一括でJPEGに現像可能なオプションもあるので、それを利用すると良いかもしれません。

ー容量の圧迫
RAWデータはJPEGデータの数倍になりますので、当然撮影時のメモリーカード、またはコンピューターのハードディスクの容量を圧迫します。
私の場合は外付けハードディスクを使って対応していますが、RAWデータを扱う方には絶対通らないといけない道かもしれません。

ーデータ転送に時間がかかる
容量が大きいということは当然撮影時(特に連続撮影を行った時)にタイムラグを生じる場合もカメラ機種によってはあります。
またメモリーカードのデータをコンピューターやハードディスクに転送する際にもJPEGの時よりも時間を要します。

RAW撮影主義になってしまえばRAW現像の工程は慣れてしまうものですが、最初は本当にとっつきにくいです。
Photomatix ProはRAWファイル変換ソフトではないですが、RAWデータの変換機能も搭載しているので、RAW形式で撮影したものを読み込んでHDR合成イメージとして処理することができます。
RAWファイルでの撮影をPhotomatix Pro用のファイルとして、最初は慣れていくのもひとつのキッカケで良いかと思います。
ただ、HDR合成だけでなく別の風合いのレタッチもしたいという方は、Photomatix Pro以外にも上記のようなRAWファイル変換ソフトを購入する必要があります。


RAWデータのための専用ソフトとは

RAWファイルを扱う場合は通常RAWファイル変換ソフト(レタッチソフト)が必要となります。
有名なところで言うと、Photoshop系のCamera Raw、ソフト単体ではLightroom、Silkypix、Capture One、DXO Opticsなどがそれにあたります。
一眼レフを購入した方には付属ソフトとして、Degital Photo Professional(キヤノン用)や、Capture NX-D(ニコン用)が付いているのでそれを利用するのも良いかもしれません。

RAWファイルで最終的にTIFFファイル、またはJPEGファイルに現像し、ウェブ上で閲覧可能な状態にするのですが、これらのソフトを利用しないと各種形式に変換ができないのです。

今までで食べたRAWフードで世界一のお店

RAW変換ソフトを購入する上での注意点

RAWファイルサポートカメラ機種の種類や最新機種への対応などが各社によって違います。
機能もそれぞれ違うので検討が必要です。

圧倒的にオススメなのはAdobe社のLightroomです。
Lightroomでは最初に「カタログ」と言う概念を理解するのに少し手間がありますが、現像のための機能が非常に豊富ですし、管理がしやすいです。
そして一番はPhotomatix Proのプラグインがあることです。
また、Lightroomは現状で1番利用されている現像ソフトなので、使い方も様々なユーザーが提供しています。
分からないことがあればAdobeの提供しているチュートリアルや、ネット検索で直ぐに解決出来るかと思います。

Lightroomは無料で体験もできるので(と言っても最初はなかなか難しいかもですが)、RAWデータに一度慣れる意味でもダウンロードして使ってみると良いかと思います。

 

今回の撮影場所ーMaui Kombucha・マウイ

20°54’50.4″N 156°19’27.7″W

 

関連記事

ページ上部へ戻る