メニュー

【チェコ】旧市庁舎の時計塔からの景色

プラハの旧市庁舎周辺はたくさんの人が集まる場所です。
ここにかの有名な天文時計があります。

20160302-IMG_6113

とても美しく、メルヘンな造りのプラハの天文時計は1400年に造られたと言われています。
製作者ハヌシュの天文時計は見る人の心を奪い一躍評価を受けるようになりました。
しかし、ハヌシュが名声を得て、他の国にも同様に天文時計を造ってしまうのではないかと恐れられ、ハヌシュは暗闇で襲われ両目を失ってしまったそうです。

なんかその様な悲しい物語もまさにメルヘンにありそうな感じです。

天文時計のある塔に登るには、まず右手のチケット売り場でチケットを購入します。
その後外に出てから同じ建物の左手の方に進むと入口があるので、そちらから入場します。
(少しわかりにくい場所です)

エレベーターを2度ほど乗り継ぎ展望台に上がると素敵な景色が待っています。

20160304-IMG_6717-Edit

20160304-IMG_6723-Edit-Edit

20160304-IMG_6763-Edit

20160304-IMG_6767

20160304-IMG_6779

プラハ城もバッチリ見えますし、旧市庁舎広場のギュッと詰まった建物の造りが可愛いです。
お昼の時間も良いですが、夕焼けやライトアップの時間に訪れるのも絶対オススメのロケーションです。
(カレル橋は見えませんので、カレル橋の景色を高台で見たい方はカレル橋のたもとの塔に登った方が良いです)

展望台の通路は狭いので、前の人が撮影に満足するまで前に進むことができないです(笑)
出来れば流れに沿って撮影しながら1週周って、もう一周でサクッと他の人の迷惑にならない様に撮影すると良いかと思います。

 

今回の撮影場所 プラハ・旧市庁舎の天文時計塔

Staroměstské nám. 1、110 00 Praha 1

 

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

関連記事

ページ上部へ戻る