メニュー

Photomatix Pro 6がパワーアップリリース

HDR合成作成ソフトの老舗中の老舗であるHDRsoftのPhotomatix Proのバージョン6がリリースされています。
iPhoneや他のスマホの端末にHDRが導入されてからだいぶ経ちますが、最近はテレビでもこのキーワードを謳うようになって、HDRを使うことによって色再現や表現の幅が広がっていることが証明されていますね!

EIZOさんのページですが、HDRでこんなに映像が変わる!と言うことをしっかりと伝えてくれています。

10年以上も前にHDR合成を手がけているソフトPhotomatix Proは今も変わらず進化を遂げていて、今回のバージョンでも色々と興味深いアップデートがありました。

①リアリティを追求するより多くのスタイル選択
トーンバランサーと呼ばれる新しい合成法がより現実的な見栄えを表現するオプションとして追加されました。インテリア撮影や自然なスタイルでの風景撮影に適しています。

②豊かな色調のコントロールによってより洗練したイメージに
新しいブラシツールの機能を使って、より細部に働きかけることが出来ます。ブラシを一部のエリアに掛けることによってその部分だけ色を変更することが可能です。個々のカラーの彩度、色相、明るさを微調整してカラーキャストを取り除いたり、空の雰囲気を強調したり、または他の画像の影響の強弱を調整したりすることも出来ます。

③過度な合成を制御
より現実的なイメージを作成したい場合は、元画像とHDR合成されたイメージをブレンドすることが出来ます。また、元画像の露出を利用したり、ブラケット内の画像の露出を使って特定のエリアにブラシを掛けてブレンドすることも可能です。

④イメージの画角を補正する
地平線が取れていないイメージや、建物撮影での垂直が取れていない場合は、イメージを整列させて線が平行に見えるように調整出来ます。この機能は主に建築家や風景写真家にとって役立つ機能です。

⑤より直感的なワークフロー
単一画像、またはブラケット画像の場合でも画像の読み込みと選択までが容易になり、スムーズに編集作業に移ることが出来ます。

今後上記の各機能を詳しく書いていこうと思います。

既存ユーザーの方はバージョン5からは無償アップグレード、バージョン4以前は有償アップグレードです。
こちらのページよりアップグレード情報を確認出来るので利用してみてください。

これから使ってみたい方は、私のクーポンコードで15%オフでのライセンス購入が可能です。
これを機会にHDRであなたの写真に変化を付けてみてはどうでしょうか!?

関連記事

ページ上部へ戻る