メニュー

Photomatixのウォーターマークの削除方法

Photomatix Proの体験版ではHDR合成イメージを保存後にウォーターマーク(透かし)が挿入されます。
これはライセンス購入して正規版にするとウォーターマークが削除出来るようになります。

体験版で試している間に良い感じの作品ができたらそのまま再加工はせずに保存しておきましょう。
PhotoshopやLightroomなどの加工ソフトでPhotomatix Proで作成したHDR合成イメージに新たに加工を行なうとウォーターマークが削除できなくなります。

では、ここからウォーターマークの削除方法をお伝えしていきます。

ウォーターマーク付き(左肩)のイメージ

 

 

1. 既に作成したウォーターマーク付きのHDR合成イメージをひとつのファイルにまとめて、読み込みがしやすい場所に置いておきます。

読み込みのしやすい場所にフォルダを作成する。

 

2. Photomatix Proを立ち上げると「ワークフローショートカット」が表示されます。

単一画像の変換...と単一画像のバッチ処理は同じ機能です。
上部メニューの バッチ処理 > 単一画像に変換...
またはワークフローショートカット内下部の「単一画像のバッチ処理」をクリックします。

 

3. 単一画像のバッチ処理ダイアログが表示されます。

単一画像のバッチ処理のダイアログです。

単一画像のバッチ処理のダイアログ内で、①「体験版Photomatix Proで作成したイメージから'Photomatix'のウォーターマーク(透かし)を削除」のチェックボックスにチェックを入れます。
② 一番上の「フォルダを選択」をクリックします。

1にチェック、2にボタン

 

4. ソース画像が含まれているフォルダを選択ダイアログが表示されます。

ウォーターマークを削除するイメージを入れたフォルダの指定。

ウォーターマークの入ったイメージをまとめたファイルを指定して、ファイルを確認した後に「選択」を押します。

 

5. 先ほどの単一画像のバッチ処理の画面に戻ります。

ファイルが入っていることを確認して「実行」を押します。

右枠にファイルの一覧が表示されます。(今回の私の用意したフォルダにはファイルがひとつしか入っていませんので、表示もひとファイルのみです)
確認後一番下の「実行」をクリックします。

 

6. 処理の実行が完了すると、指定フォルダ内に新しいフォルダが作成されます。
画面下に青文字でリンクが表示されますので、そちらをクリックします。

ウォーターマーク削除の処理が終わりました!リンクへ進んでください。

 

7. フォルダを開いて作成イメージには全てPhotomatixのウォータマークが削除されました。

ウォーターマーク削除済みイメージ

以上が、ウォーターマークの削除方法です。

ウォーターマークの削除できない場合は、イメージ保存後に別のソフトで調整してしまったりとか何らかの原因があります。
トリミングをするだけでも削除できなくなりますので気をつけて下さいね。

 

今回の撮影場所ーギャラリーラファイエット・パリ

40 Boulevard Haussmann、75009 Paris

 
 

関連記事

ページ上部へ戻る