メニュー

Photomatix Pro 6の変更点③ーHDR合成し過ぎを制御

Photomatix Pro バージョン6でアップデートがあった箇所を一つずつ紹介しています。

今回は③番目の「過度な合成を制御」に関しての説明です。

ちょっと分かりにくいかもしれませんので簡単に説明すると、この機能は「HDR合成の度合いを調整」出来ると言うことで良いと思います。今までのプレビュー画面でのパラメータ調整では各調整スライダを動かして好みのイメージを作っていましたが、強すぎた合成のエフェクトをこの機能で抑えることが出来ます。
特にプリセットで選んだ合成イメージを調整するのに有効かもしれません。

ウェブサイト引用:「より現実的なイメージを作成したい場合は、元画像とHDR合成されたイメージをブレンドすることが出来ます。また、元画像の露出を利用したり、ブラケット内の画像の露出を使って特定のエリアにブラシを掛けてブレンドすることも可能です。」

ブラケット写真、または単一の写真をPhotomatix Proに読み込んでプレビュー画面に進むと、調整パネルの一番下の「ブレンディング」と言う項目が新しく追加されたのが確認できます。※「ブレンディング」と言う文言をクリックするとスライダやアイコンが表示されます。

 

このイメージはセーヌ川から撮影したパリのノートルダム寺院の夕焼けです。パリらしいお○っこ臭い川沿いの歩道ですが(笑)素敵なシーンが無数にあるので息を止めて撮影します。合成後のイメージはプリセットで「絵画風」を選択しています。
カラー調整と同じく、この機能を利用するには基本的にブラケット写真を利用する方が価値が高いのですが、今回はブレンディング内のスライダを動かすとどのように変化があるのかを説明します。

「不透明度」のスライダをデフォルト値の 0 から 50 に変更してみました。

「絵画風」でギラつき感が強かったイメージがかなり抑えめになった印象です。

ちなみに元の合成写真と比較してどのぐらい変わったかを画面上部の「元の画像を表示」で確認できます。

確認画面になると現在利用しているプリセットのみが表示され、他のエリアが白つぶれになって選択できない状態になります。
この状態から元に戻るには画面上部の「元の画像を隠す」をクリックします。

プリセットの「絵画風」でブレンディングを50%に抑えて仕上げを行いました。

ギチギチ感が改善され、程よくHDR感が出ていて綺麗なイメージに仕上がりました。解像度の高いHDR写真としてはこんな感じで作れれば嬉しいですよね。

建築物にはHDRは非常に有効なので取り敢えずPhotomatix推しでっ!となりますが、夕焼けシーンで前に面白い建物があるとこんな感じで作れると思います。
バージョ6の機能、特に「カラー設定」と「ブレンディング」を使えば、色調補正やHDRの掛かり具合も調整出来るので表現幅の広がりを実感しますよ!

関連記事

ページ上部へ戻る