メニュー

Photomatix Pro 6の変更点②ーカラー設定パネルで好みの色に変更

Photomatix Pro バージョン6でアップデートがあった箇所を一つずつ紹介しています。

前回からの続き、②番目の「豊かな色調のコントロールによってより洗練したイメージに」に関しての説明です。

今回バージョン6の調整プレビュー画面に追加された「カラー設定」オプションは、バージョン5の「最後の仕上げ」パネル内の「カラー」オプションを引き継ぎながら、より多くの機能が利用出来るようになりました。前回はブラシツールでの部分補正を説明したので、今回はカラー設定自体をどのように利用するのかを書いていきたいと思います。

ウェブサイト引用:「新しいブラシツールの機能を使って、より細部に働きかけることが出来ます。ブラシを一部のエリアに掛けることによってその部分だけ色を変更することが可能です。個々のカラーの彩度、色相、明るさを微調整してカラーキャストを取り除いたり、空の雰囲気を強調したり、または他の画像の影響の強弱を調整したりすることも出来ます。」

カラー設定パネルでは、イメージ全体、または各色の彩度、色温度(色相)、明るさ(輝度)を調整することが出来ます。
イメージ全体の彩度を上げたければ、彩度のスライダを好みの色合いまで引き上げればビビッドなイメージが作成できますし、夕焼けシーンでもう少し色のトーンを強くしたければ色温度を右にすると変化します。また全体の明るさも明るさで変更出来ます。
各色に関しても強調したい色をドロップダウンから選択して行けば、よりイメージを追い込んでいくことが出来るのでとても便利な機能です。

今回はパリのギャラリー・ラファイエットの屋上から撮影したブラケット写真を利用します。
ここはモンマルトルの丘を背にエッフェル塔、凱旋門、シテ島などパリの南部を一望出来る写真スポットです。

東の空は何やら怪しい入道雲が立ち込めています。。。

プリセットの「リアリスティック」を選んで、パラメータ調整はせずに「カラー設定」の項目を選んで行きます。
デフォルトでは「イメージカラー」になっていますが、クリックするとレッドやグリーンなどの各色を選ぶことが出来ます。

ここでは手前のクーポラの緑を強調したいので、ドロップダウンからグリーンを選びます。

グリーンの彩度を6.0、明るさを2.0引き上げました。

次に空をもう少し強調したいのでブルーを選択。

ブルーの項目では彩度を4.0に引き上げます。

最後に手前の建物の外観に色を付けたいのでオレンジを選択。

オレンジの彩度を4.0にします。

ブラシツールを開きます。

奥の景色に光が当たるようにブラシの設定は明るさを4.0で遠景のビルと雲だけをブラシしました。

仕上げはいつも通りシャープネスとコントラストを弱で設定して終わりです。

最初の眠たい3枚の写真からはだいぶ見違えりましたね(笑)
簡単な各色の調整とブラシのかけ具合でこれだけ変わるなら使い勝手が良いのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る