メニュー

Photomatix Proの「ズレの修正」機能の紹介

HDR合成のための「ブラケット撮影」は、慣れてしまえば気軽にできるものではありますが、三脚を使用しないでブラケット撮影した場合はどうしても「構図ズレ」を起こしてしまうことがあります。
この構図ズレとは、日中のシャッタースピードが稼げる状況での3枚のブラケット撮影ならまだ良いですが、日中のコントラスてぃなシーンで5枚のブラケット撮影で良く起きる問題です。また夕方で暗くなってきている状況での3枚のブラケット撮影だと手ブレも起き始めますし、ブラケット撮影間に各写真の構図がズレることもあります。

20101130-IMGP3251_2_3

Photomatix Proでそのまま構図ズレを起こした写真を読み込むと、構図ズレを起こした状態で合成をしてしまいます。
個々の写真はしっかり撮影が出来ていたとしても、拡大するとくっきりピントが合っていないような表示になったら勿体ないですよね。

 

画像のズレを調整オプションの使用/未使用の比較

今回はブラケット時の構図ズレを処理する「画像のズレを調整」オプションを使う方法を書いていきます。

例として、少し日が落ちて逆光、そして堂内の人にピントを合わせて露出した写真を上げてみました。
逆光のせいか少し暗く写っています。

20101130-IMGP3252
[通常露出の写真]

20101130-IMGP3251
[露出アンダーの写真]

20101130-IMGP3253
[露出オーバーの写真]

適正露出のつもりで撮った写真が少々アンダーでしたが、露出オーバーの写真が堂内の状態をデータとして拾ってくれました。
恐らく1番上の適正露出の写真だけでHDR合成をしたら、シャドウ(暗部)を無理やり引き上げないといけないので、かなりノイズが発生すると思います。

Photomatix Proでブラケット写真を読み込み、前処理オプションでズレの調整設定をした後に「プレビュー調整画面」に移ります。
プレビュー調整画面のルーペを使って、写真内のお寺の瓦を拡大して構図ズレの調整の効果確認してみましょう。

OK

なかなか綺麗に各写真の構図ズレが修正されて整いました!

ちなみにもし前処理オプションで画像のズレ設定をしないまま合成をかけると、下のようなイメージになってしまします。

ブレ

右上の赤枠内の拡大図で比較すると「ズレの調整」の効果があることが分かります。

 

前述した「前処理オプション」とは、Photomatix Proで写真を読み込んだ後のダイアログです。
ブラケット写真を読み込んだ時に前処理オプションで表示されます。と言うことで単一の写真を読み込んだ時は表示されません。ブラケット撮影間の構図ズレは起きませんからね。

 

前処理オプションでの画像のズレオプション設定

Photomatix Proにブラケット写真を読み込んだ際に表示される「前処理オプション」「画像のズレを調整」を選択していきます。

この「画像のズレを調整」には幾つかのプリセットオプション選択があります。

「画像のズレ」を調整にチェックを入れると、「調整部分の切り抜き」「ズレの調整設定を表示する」、そして「プリセット」のオプションがあります。
まずは「画像のズレを調整」にチェックを入れます。右の「調整部分の切り抜き」もチェックして良いと思います。この「調整部分の切り抜き」の意味は、各写真をPhotomatix Proで合成する時に、このオプションでズレを調整すると合成後のイメージに必要のない切れ端を自動的みカットしてくれます。

ちなみにこの選択をしていないと下のようになります。

切れ端
上の2つのチェックを入れた後、普段のズレの調整は右のドロップダウンでの4つの選択項目(三脚使用手持ち撮影(最小限のズレ)手持ち撮影(標準)手持ち撮影(大きなズレ))から選ぶと良いかと思います。

文字通り、三脚を使用した撮影だったら「三脚使用」、手持ちブラケット撮影であれば、「手持ち撮影」の中で写真の状態に合ったものを選択します。

万が一、手持ち撮影(大きなズレ)でも対応できない場合は、「ズレの調整設定を表示する」をクリックして開き、「最大シフト」24%までに引き上げて合成を試してみてください。
最後に左下の「ズレ、除去画面へ進む」ボタンをクリックしてHDR合成イメージ調整画面に進みましょう。

今回のブラケット写真には、プリセットの手持ち撮影(大きなズレ)を使いましたが、撮影状況によって色々と試していくと良いかと思います。

また、RAW写真を現像時に−2、0、+2に調整して3枚の疑似ブラケット写真を作成してPhotomatix Proに読み込む場合には、そもそも「構図のズレ」がないので、この「画像のズレの調整」自体のチェックを外す必要があります。

 

 

今回の撮影場所 京都・仁和寺

京都府京都市右京区御室大内33

 

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

関連記事

ページ上部へ戻る