メニュー

【ニューヨーク】フードマーケット・SMORGASBURG

ブルックリンのウィリアムズバーグは現在若者に大人気の街、ブルックリン内で一番ホットなエリアです。
「ニューヨーカーが住みたい街」ランキング1位のようです。そう言えば「日本で住みたい街」のナンバーワンは吉祥寺ではなかったみたいですね。
吉祥寺は渋谷や新宿に出なくても全て揃うし、文化も面白いので好きな場所ですが、ウィリアムズバーグにはこの景色があるので流石にこの魅力には勝てません(笑)

20141115-IMG_5722

週末に開催されている野外フードマーケット「SMORGASBURG」(スモーガスバーグ)に行きました。
(残念ながら冬季は開催なしです、寒すぎます!)

20141115-IMG_5753

ウィリアムズバーグをイーストリバー側に行くと歩き食いをしている若者がいるので、それを辿っていけば開催地に行けると思います。
スモーガスバーグは毎年4月から11月の間、ブルックリンエリアで開かれているフードマーケットです。
ニューヨーク内の有名店、人気店が屋台で100店舗ほど出店する注目のマーケットで、味も美味しいと好評です。

20141115-IMG_5717

ホットドックやハンバーガーなどのニューヨークグルメから、最近流行っている動物性不使用のヴィーガン料理や、
オーガニック、エスニックのテイクアウトからスイーツまで世界各国の食を楽しむことができます。

20141115-IMG_5713

日本ではなかなか食べれないものが多いです。上の写真は巻き寿司なんですが、テンペを使ったものです。
このようなテイクアウトを食べ歩きしながら、または公園のベンチで食べながら、マンハッタンを対岸に眺めることができます。すごい贅沢ですよね。

近年出店した”ラーメンバーガー”の屋台がありましたが、実店舗共にとても人気のようです。いつも行列で 数時間待ちになることもあるそうです。アメリカ人でもそんなに並ぶんですね(笑)

20141115-IMG_5710

アメリカ人の文化に合うように、ラーメン好きの日系人がラーメンとハンバーガーを組み合わせたらこうなった的な食べ物ですが、ヒットしたみたいです。

スモーガスバーグで一番盛況だった屋台がフライドポテトのお店。オランダでもおなじみのフライドポテトはこちらでももちろん大人気です。お店の前に人だかりが出来ていたのですが、よく見るとテントの後ろにも長蛇の列が。。。

20141115-IMG_5758

20141115-IMG_5737

HAND-CUTと言うだけあって、ポテトの切り方や揚げ方にもこだわりがありそうですし、揚げ上がったポテトの色を見る限り、人がこれだけ行列になるのがわかる感じでした。

20141115-IMG_5704
他の屋台では、パンや、タコス、タンドリーチキン、ドーナツ、寒いのにアイス屋などがありましたが、どの店も美味しそうでした。

 

20141115-IMG_5733

20141115-IMG_5735

基本的に値段は屋台の割には高めです。チップを払う必要がないだけ良いかもですが、まー、ここはマンハッタンの高層ビルを目の前に見ることの出来る特等席代と考えれば良いかと思います!(笑)

20141115-IMG_5739

スモーガスバーグの開催場所は2カ所あります。
私の行った方はウィリアムズバーグのイーストリバー州立公園内の開催でした。

ウィリアムズバーグは毎週土曜日の開催 11時~18時
ダンボ(ブルックリンブリッジ近く)は毎週日曜日開催 11時~18時

詳しくはスモーガスバーグのウェブサイトにてチェックしてください。

20141115-IMG_5757

冬の開催は別のロケーションで行っているようです。

日曜日の平和な空気と美味しい食事、そして美しいマンハッタンの街並みを見に行くのは最高の贅沢かもしれません。

 

今回の撮影場所 ニューヨーク・イーストリバー州立公園

90 Kent Ave、Brooklyn, NY 11211、アメリカ合衆国

 

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

関連記事

ページ上部へ戻る