メニュー

【オランダ】オランダの冬の夜は写真撮影に最適です

冬のヨーロッパは寒くて観光しにくいイメージがありますね!
確かに寒いです、事実オランダは北海道よりも緯度が高いのでしょうがないです。
でも偏西風の影響で北海道ほどの冷えは感じませんし、家の中はセントラルヒーティングがあるので日本よりも快適かもしれません。

寒い時期にオランダに来るメリットはあるのでしょうか?
…はい、写真を撮影する人たちにとっては”最高のタイミング”です。と言ってしまっても良いでしょう。
お寝坊さんには苦手な朝日の時間の写真撮影、人気スポットでポジション取りが難しい夕日時間の写真撮影、そして美しい夜景の撮影など、冬だったら撮りたい放題なんです。

では、私が冬に撮影した写真とともに、「オランダ冬の滞在オススメ」の簡単な説明をしていきます。

ライトアップの時間が長い
冬のオランダは日の出は9時、日の入りは4時台なので朝日も夕日を狙うチャンスがありますし、夜景の撮影にも十分な時間を使うことができます。
逆に夏の場合は22時過ぎてから夜が更けるので、家々に灯りがつき始めるとすぐに終電になってしまい、残念ながらあまり夜景の写真を撮るチャンスがないです。
ライトアップは20時以降23時ぐらいがピークでしょうか、住民が自宅に帰ってきて就眠するまでは、アムステルダムのアパートの灯りが宝石のように輝きます。

木々の緑がない
夏の活き活きとした緑の木々はエネルギーがあり、その写真も素晴らしいのですが、運河沿いのアパートが木々に隠れてしまって撮影しにくいんです。おまけに長時間露光をする場合などは揺れた木々も被写体として入って来るので、幽霊みたいになって写真映えしてくれません。
冬であれば木々は葉っぱが枯れてスカスカの状態なので、返ってアパートを被写体とした撮影で木々が邪魔になりません。

観光客が少ない
冬は観光客が少ないので、ゆっくりと写真撮影に励むことができます。
また夏はアムステルダムの各運河が観光フェリーで交通渋滞になっていますが、冬はフェリーサービスを早めに終了するために邪魔されることなく思い描いた写真を撮ることができます。
元々治安に心配がないオランダですので、夜が更けた後でも楽しく夜景撮影やナイトライフを楽しむことができます。

冬は空気も澄んでいますからね。この季節は曇りが多めのヨーロッパですが、晴れた時の夕日はとても美しいです。

このことを知ってしまうとヨーロッパの各都市へは夏よりも冬に旅行したくなります。おまけに冬の方がホテル料金も安いので、寒さに強い方には私は断然「冬のオランダ」で滞在することをオススメしたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る