メニュー

【オランダ】オランダ人の宗教は?

ヨーロッパの宗教と言えば「キリスト教」と想像するのが普通かと思います。どの国でも観光名所になっているのは教会や大聖堂ですし、クリスマスやイースターなどキリスト教と言う宗教に根付いたイベントや習慣を現地では体感することができます。

オランダに居て思うこととして、私の出会った全ての人が”それらしき感じの人”がいないことです。

普通は日曜日になれば教会に行ったりするのかと思うのですが、気がつくと皆教会に行かないで日曜日家で寝てるし(笑)、国際交流でよくある「各国の宗教観のはなし」みたいなことが話題になることがほとんどありません。

アムステルダムでもいくつか教会に入ったことがありますが、総じて空いています。
教会が全然人気ないんですよね。心なしか教会の内装も他の国よりも寂しい気がします(笑)

中央統計局のオランダ人の宗教に対しての調査では、信仰があるとの回答が50%に対して無宗教だと答えた人も50%とのことです。 では、50%の人が皆キリスト教かと言うとそうでもなく、この中には移民の宗教であるイスラム教、ユダヤ教をはじめ様々な宗教も存在しているため、実際にオランダ人でカトリック信者は23.7%、プロテスタント信者は5.7%とばらけています。

私にとってはオランダ人はカトリック信者の方が多いのは意外でした。恐らくオランダ人が英語を流暢に喋ったり、近年イギリスとの繋がりがあるためにそう言う印象にさせるのかもしれません。オランダの歴史的にはスペインの統治があったので、その当時から事情から考えるとカトリックというのは納得ですけどね。

いずれにしろ合理的で、こだわりのないオランダ人の性格を考えると無宗教派が多いと言うこの結果は分かるような気がします。

 

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
ページ上部へ戻る