メニュー

Flying Blueが中東系航空会社を新計画で牽制

オランダの航空会社・KLMとフランスの航空会社・エールフランスは「Flying Blue」で共同経営していますが、中東系航空会社対策として長期的な新事業計画を打ち出すそうです。
中東系と言えばエミレーツ、エティハド、カタール、トルコ航空など、最近は満足度の高いイメージの航空会社と言うブランドイメージが確立しているため、ヨーロッパ系の老舗であるKLM、エールフランスがシェアを奪われて苦戦を強いられています。

近年、Flying Blueはコスト削減に集中するため、KLMの子会社に当たるトランサビア(LCC)より事業拡大を試みましたが、エール・フランス側の反対によるストがあったためにこのコスト削減計画は頓挫していていました。
Flying Blueは2020年までに10機の長距離用航空機を導入し新しい子会社を設立、パイロットはエール・フランスから出向させるという計画を発表した。新航空会社では長時間勤務が要求され、自主的な労働奉仕が必要ですが、これによりコスト削減だけでなく廃止された空路の再開も見込まれるそうです。

img_9530

私はエティハド航空が好きで何度か利用していますが、確かに食事も美味しいですし、フライトの満足度が高いです。安いフライト料金の提供や、長時間のフライトで最新の機材が利用できるので人気なのも良く分かります。

また、中継地点もドバイやアブダビ、イスタンブールなのでトランジットも辛くなく、むしろノスタルジック感が味わえて楽しいです。
エールフランスもKLMも、そしてトランサビアも私はお気に入りの航空会社なんですけどね。
国が違うので色々と思惑があり話が簡単にはまとまるわけではないようです。
それにしてもフランスの「スト文化」は容赦ないですぇ(笑)

 

関連記事

  1. NO IMAGE
ページ上部へ戻る