メニュー

アムステルダムのゴミ回収

日本のゴミ箱やゴミと比べるとこの街のゴミ箱はそんなに臭くありません。
食生活にも関係性があるのでしょうか、ハーリング(ニシン)はあっても基本的には肉料理主体のオランダ人の料理ですが日本のゴミほど臭いがしません。

ビールの残りに関しても空き缶に少しでも残っていると次の日に結構な臭いを発生するものですが、日本のビールよりもあまり臭いがしないです。オランダのビールは日本のよりも味が薄いので臭い成分も薄いのでしょうか。

 

あまりゴミが腐敗した印象がない清潔なオランダですが、こんなところにも違いがあります。

見てください。これ、なんだと思います?
ゴミさん

ゴミ回収車がゴミ箱ごとクレーンで持ち上げて車の回収台にゴミを集めているところです。
普段はクレーンで引っ張り上げている「上の黒い部分」しか地面からは見えません。地下を大きく掘りこんであり、この大きなボックスが埋まっています。

この大容量のゴミ箱のお陰でこのゴミ箱が溜まってしまうことはほとんどないです。
さすがに中心街にはこのシステムはありませんが、住宅地になるとこのゴミ回収が普通です。

 

オランダではマンションを建てるときも何よりも最初に駐車場を地下に整備するそうです。地盤が整備できたらその上にマンションを建てて行くために建設完了にはかなり時間がかかると聞いています。
言われてみると街中に駐車場の数が圧倒的に少ないです。車が多いのも景観に関わりますからね。
ゴミ箱に関しても都市計画と調和した発想で後々のことを考えると最初に手間が掛かる方式でもこんなに便利なものになるんですね。
オランダでは住民税と一緒にゴミ回収費用を市民は負担しないといけませんが、このシステムを見ると悪くない気がします。

ちなみにこちらは中心部の例、ゴミ袋も可愛いです。
先日の国王の日の次の日に見かけたゴミ袋、こんな可愛いと汚物感の印象が薄れて良いですよね。

ゴミさん2

オランダのゴミに臭いがないのは、地下深くに捨てるのと、気候がカラッしていること、そして暑くないので悪臭が出にくいのかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る