メニュー

アムステルダムのフリッツ(フライドポテト)ランキング

 

オランダに来たら是非食べて欲しいのがフライドポテト(フレンチフライ)です。
こちらではフライドポテトのことをフリッツ(Frites)と言います。
フリッツのお店の需要が沢山あるだけではなく、オランダの食卓やレストランでは頻繁にジャガイモが登場します。
オランダは世界ジャガイモ消費量ランキングでも旧ソ連国以外ではポルトガル、イギリスに次いで西欧で3位の地位で、一人当たりのジャガイモ年間消費量が94キロです。
日本人のジャガイモ年間消費量がが25キロぐらいなので、どれだけ食べているかがわかります。

またこちらのスーパ−では様々な種類のジャガイモが簡単に手に入りますし、その味たるや日本の高品質なジャガイモにも全然引けを取らない品質です。私は北海道の幾つかの種類、そして「きたあかり」も食べたことがあるので、オランダの品質は保証できます。
そして値段も非常に安く、ジャガイモ好きにはたまらない国となっています。
確かに家庭で茹でるだけで、味の深みの違いがわかりますし、サラダでも、炒めても、焼いても本当に美味しいです。

ニューヨークのフライドポテト専門店のランキング1位にも行ったことがありますが、そこでは「オランダのジャガイモ」をわざわざ輸入して揚げていました。アメリカはジャガイモがたくさん取れる国だと思いますが、オランダ産なんですよね。

20150815-IMG_9729

アムステルダムの街中にはたくさんのフリッツ屋さんがあります。
値段は非常に安く、ひとパック(女性一人前)2.50ユーロぐらいからです。

ジャガイモの種類はもちろん、揚げ方や味付けなども各店によって違うので、色々と試すと楽しいです。

お店によってはジャガイモをそのままフライドポテト上にスライスして揚げてくれるので切りたて揚げたてが食べれます。

アムステルダムのみですが、このサイトでランキングされています。

アムステルダムに寄った際には、このサイトを参考にフライドポテトを食べに行ってみてはいかがでしょうか? 

 

関連記事

ページ上部へ戻る