メニュー

ABN AMROのオンラインバンキングの使い方

自分の口座間での資金の移動、日本の銀行間の送金のようにオンラインバンキングを利用することもあるかと思います。
オンラインバンキングの使い方は難しくありません。ABN AMROの場合は、ウェブサイトに英語表記があるので助かります。

20150818-IMG_0140-Edit

日本でのオランインバンキングの経験がある方でしたら、手順はほとんど一緒なので1度経験すれば覚えられるかと思います。
「e.dentifier」と言うちょっとした機器が手慣れませんが、それだけです。
最初は間違えて「e ディフェンダー」と覚えてしまって、勝手に「オンラインバンキングの守り神」と認識していました。

 

ABN AMROオンラインバンキングの手順


1. ABN AMROのウェブサイトにアクセスをします。
2. 右上に「EN」と言う文字があるので、これをクリックすると英語表記になります。

スクリーンショット 2016-01-14 1.46

3. 左の「LOG ON」をクリックします。

4. e.dentifierを使うか、identification code(5桁の暗証番号)を使用する選択画面です。

スクリーンショット 2016-01-14 1.47
一番最初に初期設定としてidentification codeを任意の番号で決定すると、その後はidentification codeの入力のみでアカウント画面に入れるので便利です。残高照会のみの場合はe.dentifierのマシーンは必要ないので楽です。

5. 持っているe.dentifierがどちらなのか選択します。

スクリーンショット 2016-01-14 1.51

 

6. 利用しているカードに記載してある番号を入力します。
Account numberCard number共にどこに書いてあるか左の図を見ながら確認できます。

スクリーンショット 2016-01-14 1.53

その後USBでe.dentifierをコンピューターと繋いで上部のカード差し込み口にバンクカードを差し込みます。
差し込むと画面が起動して認証されるのでresponce番号を入力するとアカウントに入ることができます。

このe.dentifierですが、USBに差し込んで起動しないこともよくあります。
Macだと対応していないかと思いましたが、Windowsでも問題があるようです。
USBに差し込んでも何も反応がない場合は、このリンクページからアプリケーションをダウンロードする必要があります。

振り込み時はe.dentifierが必ず必要なので支払いが少し面倒です。
このe.dentifierは握りこぶし大で大柄なので持ち運ぶことはないと思います。
「e ディフェンダー」なだけに家でオンラインセキュリティで使ってください(笑)

英語表記はありませんが、外出先でオンラインバンキングを使用することが多い方にはINGの方が手軽で良いかもしれません。

 

関連記事

  1. NO IMAGE
ページ上部へ戻る