メニュー

極彩色の長崎ランタンフェスティバル

ポルトガル、オランダ、中国、トルコ(笑)とさまざまな文化が入り混ざり合う街、長崎市ですが、横浜や神戸の中華街と比べると可愛いぐらいの「中華モール」ですが、2月にはランタンフェスティバルがありポルトガル、オランダを差し置いて主役に躍り出ます。

20130131-IMG_7928

長崎市の中華街の人たちの旧正月を祝う行事だったものが年々拡大して現在は長崎市の冬の風物詩として全国的に有名になりました。

中華街を始め、眼鏡橋周辺、長いアーケード商店まで広範囲に渡ってランタンが飾られとても見ごたえのあるお祭りです。

20130131-IMG_7917

20130131-IMG_7930

20130131-IMG_7933

ランタンや巨大オブジェだけではなく、中国雑技や、演奏、龍の踊り、日程のタイミングが合えば行列なども見ることができます。

20130131-IMG_7919

20130131-IMG_7923

パチンコ屋が写るとなんか嫌ですね。それにしても日本のお店構えはもう少し統一した方が良い感じがします。

そんな時は水面を撮影するとなんでも綺麗に写りますね。
極彩色のランタンは水面で揺らめいてとてもノスタルジックです。

20130131-IMG_7927

20130131-IMG_7945

20130131-IMG_7926

2月の間、結構長い期間開催しているお祭りなので、機会があれば、伊王島の温泉、稲佐山や出島、龍馬関連での観光、ご当地グルメを食べて楽しんだ後に夜のランタンを見るのがオススメです。

 

今回の撮影場所 長崎市・浜町アーケード

〒850-0853 長崎県長崎市浜町2

 

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

関連記事

ページ上部へ戻る