メニュー

長崎伊王島と青

伊王島長崎に行った時には何度かお世話になっているところです。
JR長崎市駅を背に少し左にガゾリンスタンド方面に行くとひっそりと送迎バスの看板があります。(分かりにくいかもです)この送迎バスに乗ってやすらぎ伊王島というリゾートホテルに到着します。

やすらぎ伊王島の温泉の横にあるモニュメント
このリゾートホテルはとても居心地が良いです。統一感があるとても可愛い外観で、スペイン村をはじめ志摩の周辺にあるような「白壁茶瓦」のアンダルシアの雰囲気なデザインです。ホテル内施設も充実していますし、温泉施設の泉質やゆっくりと過ごせる環境も素晴らしく何度も訪れています。

やすらぎ伊王島の温泉で海を眺めながら頭の中に通り過ぎ去っていく記憶や、考え事をそのまま流して行くことができ、ここにいる時間がとても有意義に思えます。

潮の香りと一緒に温泉に浸かる、包まれる。。。

オランダに来てからお風呂には入る機会がないし、温泉の後の冷たい水を体に流し込むことはほとんどしていないです。夏でも自然と暖かいお茶を作るようになっていました。オランダの水事情はヨーロッパの中でもとても良い方だと言われていますが、家ではすっかりBRITAにお世話になっています。

最近は体が冷たい水を欲するぐらい動くことをしていませんね。冷えた水が、体の中の一本のホースを瞬間的に冷やしながら通って行く感覚を思い出すにはきっかけが要りそうです。(体には良くないですが)

レストランでのお水。温泉後の聖水です。

伊王島はオランダでもなく、ポルトガルでもなく、スペイン風な建物ですが、そこは「多分化的」な長崎として全然アリな場所です。長崎観光のついでに1日ゆっくりできる時間が作れるなら、ぜひこの島を訪れることをオススメします。

 

今回の撮影場所ー伊王島・長崎

長崎県長崎市伊王島町1−3277−7

 

関連記事

ページ上部へ戻る