メニュー

レンズフードの重要性

旅行先で良く見かけるのが、せっかく良いレンズを使って撮影していても、日中なのにレンズフードをつけていないことがあります。私はレンズのフィルターは付けなくても常にレンズフードは付いている状態です。
このレンズフードって付けると全体の大きさが大きくなるのでなんか野暮ったいですが、絶対に付けて損はないです。この記事では私の経験則も踏まえて「レンズフードの重要性」をお伝えしたいと思います。

26232_1_xl

レンズフードは光を遮る役割があります

レンズフードは頭にかぶる帽子と同じような働きをします。野球選手が帽子かぶってプレーをしているのは顔が見えるのが恥ずかしいからではありませんよね?
チームエンブレムのマークの表示も意味もありますが、それ以上に選手がプレー時に上空からの光で視界が見にくくなることを防いでいる理由があります。

人間の目に意図していない光が入る状態って結構ものが見ずらくなるんです。
皆さんのイメージ的で分かりやすく例えると、スマホやモニターが日中全く見えなくなるような感じですかね。このように私たちの目と同じで、カメラのレンズにも余分な光が入ると撮影に支障をきたします。


レンズフード無しのほうです。光の影響がありますが分かりますか?(汗)
レンズフードありの写真です。コントラストが強いです。
レンズフード無し(上)レンズフードあり(下)の写真を並べてみました。

レンズフードありの方が光線を切っているのでコントラストがあり引き締まった印象です。 ってあんまり分からないかもしれません(笑)しかも光線が良い雰囲気にもなっています。最近の良いレンズはこう言う光学性能にも力を入れているので”凄いっ”!です。

因みに下には上の写真を拡大したものも並べてみます。

レンズフード無しの場合、光線が入ってくっきり感が失われています。

レンズフードありの場合は全体的にクッキリです。

いかがですか?何となくでも分かっていただければ嬉しいです。
あまり上手ではない説明になってしまいましたが、私のレンズフードへの訴えはこれだけではないんです。

すぐに取り出して撮影準備に入れます

私は裸でカメラを持つよりもバッグにしまって、必要な時に取り出す派です。
スリの多い観光地では、カメラはスラれなくてもカメラがお金を持っている観光客のサインとなり狙われやすくなります。(私はお金ないですが、スリに勘違いされると言う意味です)
また埃っぽい場所では裸でカメラは持つのを控えた方が良いです。

サイズに余裕のあるバッグの場合は、例えば単焦点レンズ、または標準ズームレンズなどをカメラにつけっぱなし、レンズキャップは付けずにレンズフードを取り付けた状態で入れておくことが多いです。
いざ取り出すときには、1. カメラを取り出して > 2. レンズからキャップを外して > 3. 急いでフードを逆にして取り付けて > 4. あっ!もう被写体いないじゃん!。。。なんてことになって、取り出すことも含めてかなり手間ですよね。

私の場合は、レンズにフードを付けたままバッグに入れておいて、必要なときはカメラを取り出せばすぐに撮影に入れるようにします。
そうすると1. カメラを取り出して > 2. 撮影して > 3. カメラをしまって > 4. すかさずお茶を飲む、フゥゥゥ と言うステップまで行けるんです。
大げさかもしれませんが、バッグの中にカメラをこの様に入れるとこれだけ手際が違います(笑)

こうするとシャッターチャンスも逃しませんし、レンズキャップを外す > フードを付け替える等の煩わしさや、その際に誤ってレンズを直に触ってしまうようなトラブルさえも防ぐことができます。

 

付けてないことにより想定外なトラブルも

またレンズフードは車のバンパーのような役目もしているので、万が一落とした時でもレンズフードから落ちた場合はかなり衝撃を吸収してくれます。
私もこれで以前に助かったことがあります。

身代わりになってくれるレンズフード様。

また、普段自転車に乗ったりする方、または観光地で自転車レンタルをする場面では、カメラを首にぶら下げた状態で走ることもあるかと思います。
そんな時には、思いがけぬ撮影シーンでは急ブレーキをかけて、目の前の景色を撮影♪ なんてこともありえる状況ですが、よくあるケースとして、自転車の急ブレーキでカメラがブラついて自転車のハンドル周辺に当たったり、運が悪い時はレンズを傷つけたりしてしまいます。
ストラップ長くして首からぶら下げている人にとってこれって超危険なんですよね。。。

そのような状況であっても、レンズフードを付けていると「万が一」のレンズに何かが当たる確率がかなり減少します。
棒や非常に長い何かの突起物でも当たらない限り、レンズフードの奥にあるレンズには届きません。

それからこれもかなり重要ポイントですが、雨のシーンでもレンズフードがあるお陰で水滴がレンズに付着する確率が少なくなるのでかなり助かりますよ!

 

画質向上、撮影体制、危険回避の以上3点からレンズフードは必ず利用していただければ嬉しいです。以上私からのお願いでした。

 

関連記事

ページ上部へ戻る