メニュー

【桜】京都植物園

前回の記事で書いた半木の道の枝垂れ桜の道の東隣にある京都植物園は様々な桜が手入れ良く、桜は130種450本植えられています。
植物園の中は広いですが、各植物でエリアが分かれているために、桜もひとつのエリアに集中して植えられているために見応えがあります。

晴れた日の日中も良し、そして夜はライトアップで様々な色の桜を楽しむことができるオススメスポットです。

植物園1

お寺と比べて植物園は入園料が200円で安価で入りやすいのと、北のほうなので町の桜が少し散り始めていたらこちらに来てみるとまだ状態の良い桜に出会えるはずです。
アクセスもバスよりも確実な地下鉄の北山駅からすぐなので、次の目的地に行くまでの埋め合わせとして利用するのも良いかと思います。
でも、埋め合わせ的な感じで植物園を訪れたら、予想以上に素晴らしい景色に出会えるかもしれません。

植物園3

植物園6

 

これは半木神社です。植物園の中心に位置しています。

植物園8

桜の時期は開園時間を延長しているので夜8時まで(9時閉園)入ることができます。
「植物園は桜があって当然、それだったら雰囲気の良いお寺に行くよ」って思っているあなた、京都だけに植物園をナメてはいけません。
京都植物園はきっと桜のシャワーであなたを迎えてくれることでしょう。

 

今回の撮影場所 京都植物園

〒606-0823 京都府京都市左京区下鴨半木町

 

関連記事

ページ上部へ戻る