メニュー

【桜】京都・六孫王神社

少しレアな桜スポット、六孫王神社のご紹介です。

JR京都駅の南口は東寺の観光が主で、それが終わったら東福寺や伏見稲荷に流れる方は多いのではないでしょうか。
もし近鉄線で東寺駅から京都駅に戻るなら一駅だけですし、ついでに六孫王神社に訪れても良いかと思います。

この神社はほとんど観光客が訪れませんので静かな花見ができますよ。

密度のある桜の庭園はなかなか見ごたえがあります。特に本鳥居からの参道は天井が花で埋め尽くされた桜のアーチを抜け、恋の架け橋と言う橋を渡って本殿まで向かいます。
架け橋を渡している神社中央の神龍池は鯉が泳いでいます。神様の使いということで絵馬にもなっています。この鯉が「恋の架け橋」となっていますが、縁結びに大変よろしいそうです。

六孫王

東寺の西側を出て壬生通と東寺通の角に「巴屋」と言うおはぎやさんがあります。
とても美味しいところなのでお土産で買っていく人も多いですが、ここでおはぎを買って六孫王神社でお茶と休憩と言うものオススメですよ。
今回の撮影場所 京都・六孫王神社

京都府京都市、南区八条町509

 

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

関連記事

ページ上部へ戻る