メニュー

【桜】京都・上賀茂神社内の桜2

京都・上賀茂神社境内の桜の続きです。

ニノ鳥居からは「みあれ桜」が見えます。まだ花よりも枝の割合が多いですねこの桜も行った時期が早かったようです。

上賀茂2

 

手前にある2つの円錐は細殿前の立砂です。これも上賀茂神社の象徴ですね。

上賀茂3

この細殿の前に配置された立砂は陰陽道の鬼門封じに基づいて鬼門の方角位置(東北)に一直線に線を引いた時にぶつかる角度をちょうど示しています。

上賀茂6

非常に興味深い出で立ちです。

この細殿を横からすり抜けると左手に楼門が見えてきます。この先に上賀茂神社の本殿があります。

上賀茂4

緑に囲まれた中に朱色の楼門がいきなり現れますが、橋も含めて美しい配色です。

上賀茂5

上賀茂神社は広い境内の場所によって雰囲気が違います。美しく流れる小川の先に普段立ち入ることのできない「渉渓園」と言う敷地があります。その園内行われる曲水の宴はまた風情があって素晴らしいです。

この周辺も意外と楽しめる場所が多く、人があまりいない賀茂川の散歩、一ノ鳥居を出た東を川に沿っていくと社家の町並み、毎月第4日曜日に行われる手作り市なども楽しいです。

せっかく上賀茂神社に行った時は神馬堂のやきもちもお忘れなく。

 

今回の撮影場所 京都・上賀茂神社

〒603-8047 京都府京都市北区上賀茂本山339

 

関連記事

ページ上部へ戻る