メニュー

【紅葉】京都・祇王寺のグラデーション

紅葉時の嵯峨は本当に回らないといけない紅葉スポットがありすぎます。

20111205-IMGP3307
嵐山周辺でも1日かかってしまうので、祇王寺に行くときはちゃんと時間を取って行くと良いと思います。
嵐山から祇王寺に行く間にも大河内山荘、常寂光寺、二尊院や落柿舎などが紅葉のベストスポットがホットラインで並んでいます。

 

「茶房さがの」の角を祇王寺へ向かう小道へ進んで登っていきます。突き当たりの右側に竹林に囲まれた静かな尼寺の祇王寺があります。
境内に入る前から周辺はもうすでに独特な雰囲気に包まれています。

20111205-IMGP3423

ここの庭が表現した「小宇宙」は、数ある京都の庭園の中でも他にない独特の雰囲気です。
この庭園の特にオススメな時期は、苔が元気な時期ですが、紅葉の時期も本当に良いので行って欲しいです。
苔の時期の緑の鮮やかさ、そして冷たい湿度を感じられるほどの木々の白い肌と真緑の苔の2色の世界を知っているので、紅葉時の落ちもみじが緑の苔を色鮮やかに埋め尽くす自然の演出も見逃せません。

20111205-IMGP3295

尼寺だからなのか、力強さよりも小宇宙に深く包まれるような感じと空気圧が少し強い感じがあります。

平家物語に出てくるお寺ですが、平清盛寵愛を受けた白拍子の妓王(祇王)が清盛の心変わりの後に追われて出家したのが祗王寺です。
私は厳島神社や三十三間堂をはじめ平清盛の建築物が大好きなのですが、この話は祇王寺に行くまで知りませんでした。
(と言うか、歴史の小説とか全然読まないんですよね)

20111205-IMGP3319

厳島神社に行ったときにその壮大なプロデュース力に驚き、そしてそこから離れたところにこじんまりとある清盛神社を見たときには「これだけのものを建設した人なのに、凄く謙遜される人だな」と感銘を受けたものです。
清盛はこう言うことも含め歴史上は悪者になっている話が多いですが、祇王寺の件は男女の事情なのでよく分からないですね。

20111205-IMGP3336

木々から散って離れた紅葉が色のある世界を生み出すこの祇王寺は、尼寺らしい慈愛のメッセージなのでしょうか。このお寺にピッタリな情景を見せてくれます。

20111205-IMGP3358

この祇王寺は東へ歩いて25分ほどの大きなお寺・大覚寺との共通割引券を手に入れることができます。
割引価格なのでオススメですが、距離があるので早めに祇王寺に行って、その後に大覚寺に行かれると良いと思います。
大覚寺も大きな境内で、非常に見所があります。
隣の大沢池は中秋の名月の際に非常に素敵な行事をする名勝です。

20111205-IMGP3298

今回の撮影場所ー祇王寺・京都

京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

ページ上部へ戻る