メニュー

【ハンガリー】ブダペスト2日目 ー ゲッレールトの丘

ゲッレールトの丘はブダペストに来ても登ったことがなくても、「あの像が立っているところだよ」と言えば、「ああ、あそこね!」って分かるぐらい目立ちます。

 

ゲレ1

ブダペストの見どころは主にドナウ川に面していますので、観光滞在の間に何王宮のあるブダ側と旧市街地のペスト側を幾つかの橋を渡ることが必須です。「いや、俺はペスト側しか居なかった」とか「私は敢えてブダのみに滞在した」なんてことは絶対にありえないです。

ドナウ川の往来、またはペスト側からの景色で誰もが一度は目にする「ゲッレールトの丘」。興味があるけど、そびえる丘に登るのに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

ガイドブックとかではエリザベート橋を渡ったゲッレールトの丘の麓から山登りをすることをオススメしていますが、24時間パスなどを持っているなら効率良く丘の8合目まで行くことができます。

ゲレ2

 

地下鉄M4線のMóricz Zsigmond körtér駅で下車、小型のバス27番に乗って山道を勢い良く登っていきます。Búsuló Juhász (Citadella)駅からはそれほど登る必要がありませんので楽にアクセスが可能です(と言っても10分近く掛かりますが)。

ゲレ3

 

ゲッレールトの丘のチッタデッラに到着です。アクセスが少し複雑でもチッタデッラは人気があります。中国人ツアー観光客も来ていました。

ここからの眺めは高さがあるので格別です。

ゲレ7

ゲレ4

ゲレ5

 

ドナウ川に向かって望む景色はこんな感じです。

ゲレ6

 

くさり橋を主役にドナウ川が右側に蛇行する姿が望めます。その右先には国会議事堂の後ろ姿、そしてマルギット橋とマルギット島があります。マルギット島が中洲になっているので蛇行加減がそこで抑えられている景色ですね。マルギット島が無かったら凄い右曲がりの風景が観れたかもしれません。神様そんな無理を言ってごめんなさい。

 

とても気持ち良いところなのでゆっくりしたいところですが、スケジュールがあるので降りることにしました。ちなみに夜景でも綺麗な撮影が出来そうです。周りも広いのでそれほど危険な雰囲気もないですが、帰りはバス停、または街まで少しあるので気をつけましょう。

下に続く階段があるので下ってSzent Gellért Monumentと言うモニュメントがあるスポットに行きます。

20160523-IMG_1845

 

ここからはエリザベート橋をまっすぐ収めることができます。

ゲレ9

ゲレ8

 

 

なかなか面白い写真が撮れる場所ですので、丘から降りる場合はここも漏らさず立ち寄ることをオススメします。
このSzent Gellért Monumentから下に降りるとルダシュ温泉がありますので、汗をかいてひと風呂浴びると言うベストプランを組むことができますよ。

 

今回の撮影場所 ブダペスト・ゲッレールトの丘

Budapest、Gellért-hegy、1118、ハンガリー

 

関連記事

ページ上部へ戻る