メニュー

こんなに簡単!Photomatix Essentialsの使い方

Photomatix Essentialsは合成手順とても簡単に出来ています。
HDR合成したくてもカメラやソフトの使い方があまり良く理解できていなくても、Photomatix Essentialsを手順通りに進めていけばあっと言う間に凄いイメージが出来上がります。

lighthouse_normal_1800x1198

一眼レフカメラがない、ソフトも買っていない人でもコンピュータさえ持っていればPhotomatix EssentilasでHDR合成を楽しむことができるので、ぜひ試してみてください。

必要なのはダウンロードのみ

Photomatix Essentilasをするには2つのものをダウンロードして用意します。

  1. Photomatix Essentialsのプログラム
  2. ブラケット画像のサンプル

両方ともHDRsoftダウンロードページから無料でダウンロードすることができます。

Photomatix Essentialsのダウンロード

photomatix-essentials-dwonload

上の青いボタン「ダウンロード」でWindows、またはMacを選択クリックします。
ダウンロードからインストールまでの手順は前の記事にまとめてありますので参考にしてください。

サンプルイメージのダウンロード

photomatix-essentials-sample

取り敢えず一番上の「入り江の灯台」をクリックしましょう。
クリックするとコンピュータにダウンロードされます。基本的にはダウンロードフォルダに保存されます。

 

Photomatix Essentialsを使う

では順を追って簡単にHDR合成イメージの作り方をお伝えします。
Photomatix Essentialsは大きく分けて3つのステップに分かれています。
ステップ1 ー 読み込みから前調整
ステップ2 ー 合成と調整処理
ステップ3 ー 後処理と保存
このステップ間に幾つかの手順が必要ですが、全然難しくないので下のイメージ同様に進んでいけば全く同じ合成イメージを作り上げることができます。

では、Photomatix EssentialsでHDR合成イメージを作っていきましょう!

1. ステップ1:ブラケット画像の読み込み

photomatix-essentials-sample-1
Photomatix Essentialsを立ち上げると、はじめにこのような画面が表示されます。
真ん中の「参照…」ボタンをクリックします。

 

2. ブラケット画像の選択

photomatix-essentials-sample-2

読み込む画像を選択するためにダイアログが表示されるので、先ほどダウンロードした「入り江の灯台」の3枚の画像を選択します。
3枚を選択して反転させたら、右下の青いボタン「選択」をクリックします。

 

3. 読み込み画像の確認

photomatix-essentials-sample-3

最初の画面に戻りますが、先ほどの選択した3枚の写真が読み込むために選択されているのが分かります。
この状態で右下の「次:調整&プレビュー」をクリックします。

 

4. 画像のズレとゴースト除去オプション

photomatix-essentials-sample-4

このオプションは今回は必要ありませんので、「画像のズレを調整」のチェックを外して右下の「OK」をクリックします。

 

5. ステップ2:調整&プレビュー

photomatix-essentials-sample-5

HDR合成の調整画面が現れました。
右の沢山小さな写真が表示されているのはプリセットサムネイルパネルと言います。このパネルは一番上の「デフォルト」になっていますが、今回はその下の「バランス」にしてみます。

 

6. プリセット「バランス」でパラメータ調整

photomatix-essentials-sample-6

「バランス」をクリックして少し雰囲気が変わったかと思います。この後は左の調整パラメータを少しずつ変えていきます。
強さー52トーン圧縮ー2.1光の効果ー100中間トーンー0.0彩度−0で同じ色合いになったかと思います。
この状態でパラメータ下の「次:完了&保存」をクリックします。

 

7. ノイズリダクション

photomatix-essentials-sample-7

ステップ3に進む前にノイズを減らすかどうかのダイアログが表示されますが、ここは無視してください。
ダイアログの右下、青いボタン「はい」をクリックします。

 

8. ステップ3:完了と保存

photomatix-essentials-sample-8

後処理と保存の画面になりました。ここではコントラストだけ調整してもう少し良い感じにしてみます。
コントラストの下にある「コントラストオプション [+]」をクリックします。

 

9. コントラストで味付け

photomatix-essentials-sample-9

上の表示のように新しいスライダが表示されますので、ダークとシャドウを-26で設定しました。
この後は保存をクリックすれば完成です。

一連の流れなので、細かいところは端折りました。
これでPhotomatix Essentialsの使い方は理解できるのではないかな〜と思います。

Photomatix Essentialsの割引クーポン配布始めました。
HDR合成してみたいという方は是非ご利用ください〜。

関連記事

  1. 2015.10.06

    徐福について
ページ上部へ戻る