メニュー

さあ、HDR合成をやってみよう ー Photomatix Proの使いかたの手順

Photomatix Proは無料体験版をダウンロードしてから始められるので、納得してから購入することができます。まずはダウンロードをしてみて合成を体験してみてください。
ダウンロードしてからサンプル画像でHDR合成をしてみたい場合はこちらのページより私のブラケット写真で試していただけます。

最初はあまり説明書じっくり見るのは嫌なんだ、という方には無精のためのHDR合成手順のページから始めるのも良いかと思います。
正確に処理のフローを覚えたい場合は、下記の説明を参考にしてみてください。

今回は京都の貴船神社の写真を利用してPhotomatix Proの作業工程の解説をしていきます。
kibune-under
kibune-normal
kibune-over

▽▽これがHDR合成をすると下のようになります▽▽
kibune-normal_over_under_トーンマッピング済み

では、Photomatix ProのHDR合成の説明をしていきます。

画像の読み込みーHDR合成用の画像の選択

ブラケット撮影した写真をPhotomatix Proに読み込みをする際には3種類の方法があります。いずれかの方法で読み込んでください。

方法1:アイコンの上にファイルをまとめてドラッグ&ドロップします。
画像をPhotomatix Proのアイコンドラッグします。

そのあとに表示されるダイアログで「HDR処理用に合成」にチェックが入っていることを確認して青いボタンの「OK」をクリックします。
ドラッグ後のダイアログ、上の「HDR処理用に合成」を選択してクリックします。

この方法1を利用すると画像を既に読み込んだ状態ですので、次は読み込んだブラケット写真の確認の項目に進んでください。

-------------------------------------

方法2:Photomatix Proのアイコンをクリックしてワークフローショートカット(下の画像参照)を立ち上げます。
メニュー内一番上の「ブラケット画像の読み込み」をクリックします。個人的にはこの方法を利用しています。
ワークフローショートカット ブラケット画像の読み込み

方法3:上部メニューのファイル > ブラケット画像の読み込み... をクリックします。
ブラケット画像の読み込みメニュー

方法2、または方法3を行なった場合には下のダイアログが表示されます。

読み込みダイアログ
「ブラケット撮影をした画像を選択してください...」と言う文言の入ったダイアログが表示されます。
右の青いボタン「参照」をクリックしてブラケット写真を読み込むフォルダを参照します。

読み込む際のファイルフォーマットはJPEGでもRAWでもどちらでも構いません。同様の手順を踏みます。

読み込む写真を参照する

方法1:先ほどの「ブラケット撮影をした画像を選択してください...」ダイアログの「参照」ボタンをクリックすると以下のダイアログが表示されます。
写真参照ダイアログ
Photomatix Proへ読み込むためのブラケット写真をフォルダを指定して参照します。
上のように写真をまとめてクリック(cntl + クリックなどで)して選択したら青いボタン「読み込む」をクリックします。

方法2:下のように「ブラケット撮影をした画像を選択してください...」ダイアログ内に写真をドラッグして読み込むことも可能です。
写真のドラッグ選択
読み込み用のブラケット画像には、画像が多いと混乱するので、予め名前を付けておくと選択しやすいかと思います。

読み込んだブラケット写真の確認

読み込みダイアログ
先ほどのダイアログに戻ってきました。読み込んだファイル名を確認します。

もし読み込んだ写真が間違っていれば、ダイアログ内で写真を選択して「削除」をクリックして写真の変更をしてください。
選択した写真の削除sる

最終的にダイアログ内に読み込んだファイル名を確認して大丈夫であれば、青いボタン「OK」をクリックします。

 

前処理オプション

このステップでは、HDR合成の前にイメージを調整しやすいように前処理をおこないます。
先ほどブラケット画像を参照して読み込み確認で「OK」をクリックすると、前処理オプションダイアログが表示されます。

この前処理オプションではPhotomatix ProでHDR合成をする前に予め調整しやすいように整えていきます。下にひとつひとつのオプションの機能を詳しく解説していきます。

前処理オプション

画像のズレを調整
ブラケット撮影時に起きてしまったブレ(手持ち撮影の際の不安定さから生じるブレや、ブラケット枚数が多いことで生じたブレ、または三脚撮影を行っていても起きてしまうブレなど)に対して利用するものです。
Photomatix Proでは様々な種類のブレを自動検知してブラケット撮影を行った際の各写真がぴったりを合わさるように調整していきます。

撮影時にわずかながらでもブレが起きているとHDR合成時に影響しますので、大抵の場合はこのオプションにチェックを入れるようになるかと思います。
※1枚のRAW画像から現像時に擬似的にブラケット画像を作成した場合は、画角、構図ともオリジナル画像からのコピーのために、たとえ手持ち撮影だった場合でもチェックを入れないようにしてください。

「画像のズレを調整」オプションには幾つかのオプションがあります。

ー三脚を使用
三脚を使用してのブラケット撮影時にはこちらを選択します。上下左右の平行移動のズレに関して対応します。

ー手持ち撮影
手持ち撮影で起こる様々なブラケット写真間のズレに対応します。

ー遠近の修正も加える
手持ち撮影の別オプションです。万が一、前後にカメラが動いてブラケット写真間のズレが起きた場合にはこちらも選択します。

ー最大シフト
ズレの幅が大きい場合はこちらの値を大きくして調整します。プレビューで合成イメージ確認した時に像のズレが確認できる場合は、こちらの値を大きくすると調整できます。

ー調整部部の切り抜き
Photomatix Proのズレの調整時に起きる写真の切れ端を切り取るオプションです。チェックを入れない場合は切れ端も表示されます。

ゴースト除去ツールを使用
ブラケット写真を撮影すると、構図内に人や車などの動きのある要素が侵入する場合が多くあります。HDR合成をおこなうと、その対象物が流れてゴースト(イメージ内に像が流れている状態)を生じます。この[ゴーストの除去]を利用すれば自動から細かく手動で消すことまで可能です。
※こちらを選択した場合は別画面に移動します。

ノイズリダクション
このオプションでは、品質の低下を引き起こすノイズを除去することが出来ます。
右のカラムからノイズリダクションを設定したい写真の設定が可能です。基本的に露出をアンダー撮影した画像には有効ですので、その設定にしておいてください。
暗いシーンでの撮影、または感度を上げての撮影だった場合には露出オーバーのものにもノイズリダクションを試してみてください。

ー強さ
画像のノイズの量が多い場合はこのスライダを使ってノイズ除去の強弱の値を調整していきます。

色収差を減らす
撮影時のレンズの色収差を取り除きます。HDR合成をした際にコントラストの高い部分のエッジに色収差(緑や紫の色の縁取り)が現れるようでしたら、このオプションにチェックを入れてください。

 

HDRイメージ作成ー調整画面(プリセット選択、調整スライダ)

前処理オプションが完了したら、次はHDR合成を作成する上で一番重要な工程に入ります。
さあ、HDR合成の時間です!

ここから様々なプリセット、調整スライダを使って、自分が思い描いた表現をしていきます。
画面には3種類のパネルが表示されます。基本的な作業の手順として、各パネルの説明を記載します。

①サムネイルパネル ②調整パネル ③プレビュー画面
① プリセットサムネイルパネル
② 調整スライダ
③ プレビュー画面

①プリセットサムネイルパネル(画面右側)
プリセットサムネイル、デフォルトを選択
HDR合成イメージを調整するためのスタイル/テイストが、サムネイル一覧で表示されています。
どの様な感じでHDR合成を調整し始めるのか、様々なプリセットをクリックして方法性を決めていきます。

あらかじめPhotomatix Proが用意しているものは36種類のプリセットがあります。
(単一画像から処理を行う場合は27種類)
プリセットが多くて選択しにくい場合は、上部のカラムからフィルタを使います。アーティスティック、リアリスティック、モノクロ、細部強調、コントラスト最適化、トーン圧縮、露出合成など、どのスタイルかフィルタで間引きしてからプリセットを選択する方法もあります。


オススメのプリセット:

ーデフォルト
[デフォルト]は[トーンマッピングー細部強調]の調整を利用するもので、各調整の中で最多の調整スライダを使いながら、自分好みのHDRイメージを作り出すことができます。まさに「THE HDR」と言うようなイメージを作るために欠かせない調整法です。
ちなみに私は最初プリセットは使わずに、写真を読み込んだらすぐに左の調整パネルに移っていました。スライダが沢山あって調整が楽しいのと、各スライダの機能を覚えていくためにも最初はこの[デフォルト]から使っていくと良いかと思います。

ーバランス
Photomatix Pro 5より新しく導入された[コントラスト最適化]と言う調整方法で、程よいバランスでコントラストを締めてHDRイメージを作成することができます。Photomatix Pro 5になってからは1番頻度の高い調整法になっています。

ー写真風
通常の写真イメージよりもトーンを圧縮させて、より印象深いイメージに仕上げるための調整法です。

ー絵画風
CGっぽさを強調するにはこのプリセットがオススメです。これもスライダ調整では[トーンマッピング-細部強調]を使用したものですが、照明効果(パン)を使用するのがデフォルトとの違いです。全体的にブーストさせて、彩度も強くインパクトのあるイメージを作り出すことができます。

ーモノクロ
さまざまなモノクロ、白黒写真イメージをHDR合成を使って掛けることができます。ダイナミックな表現に強いHDRは、白黒系での表現に強いです。もしあまりパッとしない写真があったら是非モノクロプリセットで試すと新しい気づきがあるかと思います。

ーその他の機能
[+]や[-]のボタンをクリックすると、サムネイルが大小で変化して、その隣のボタンでサムネイル表示列が1列、または2列の変更ができます。
プリセットを決定した後は、プリセットサムネイルパネルを非表示にして画面を大きくして調整も可能です(画面がフローティングモードの場合のみ)。

②調整パネル(画面左側)
作品作りの方向性となるプリセットを設定した後は、画面左側に配置する「調整パネル」で作業をおこないます。
この作業が作品作りで一番楽しい部分でもありますが、最も自分の作風に影響する処理作業でもあります。

この調整パネルでは、[トーンマッピング][露出合成]の2種類の調整法があります。
[トーンマッピング]は、絵画やCG調を主としたインパクトのある超現実的なイメージ作成に向いています。
[露出合成]は、本来撮影した写真の風合いを残しつつ、より良い見栄えにするための調整法です。

調整パネル上のスライダ調整数値

調整パネル下のスライダ調整数値

上のように各スライダを動かして合成イメージの変化の具合を確認します。

始めはスライダを左右極限まで動かして、各スライダの変化の特徴を掴むと微調整が上手く行くようになります。
特に[トーンマッピングー細部強調]はスライダの種類が多く、お互いに影響し合っているために、
ひとつのスライダの調整に集中するよりも、全体を動かしながらバランスを整えていった方が調整がしやすいです。

③ プレビュー画面(画面中央)
プレビュー画面
真ん中に大きく表示されるのがプレビュー画面です。
プリセットサムネイルパネルからサムネイルを選択してスタイルやテイストの掛かり具合を確認したり、調整パネルのスライダを動かしてその効果を確認するための画面です。
画面の大きさはプレビュー画面上部の[スケール]スライダで調整するか、または[+] [-]のボタンを使います。また[画面に合わせる]の選択でモニターに適した大きさに拡大する方法もあります。[プレビュー]をクリックして外した場合は、HDR合成前の画像を表示しますので変化を比較/確認することができます。

すべての調整に満足した結果が得られれば、最後に調整パネル下の青いボタン「適用」のボタンをクリックします。
調整がすべて終わったら「適用」をクリック

 

最後の仕上げー(シャープネス、彩度、コントラストの追加調整)

調整を適用後はHDRイメージがフルサイズで確認できます。HDR合成イメージが完成したので保存をしたいところですが、イメージの保存前に画像により磨きを掛ける最後の仕上げ3項目があります。
こちらを使用するのとしないとでは全然見た目が変わります。(良かったら下のイメージから、コントラスト→カラー→シャープネスを掛けていくと、どのようにイメージが仕上がっていくのかクリックして確認してみてください)

私の経験では、調整パネルでの調整は80%ぐらいにしておいて(あまりギチギチに作り込みはせずに)「最後の仕上げ」で仕上げていくことで、自然の具合が良いことがわかりました。ですので下のHDR合成後のイメージは少し眠い印象かと思います。

最後の仕上げ

では、最後の仕上げ3つの項目を使って調整していきます。

コントラスト
コントラストの調整
ヒストグラムを確認しながらイメージを引き締めていきます。
これを上手くすることで、より立体感が表現できますが、S字が上下の壁にくっつくとやりすぎ注意報です。なるべく付かないように、またプレビュー画面でコントラストの状態を確認しながら少しずつ調整してみてください。

カラー
カラーの調整
特定の色のみを強調したい場合に非常に有効です。例えば、空の青、葉の緑を強調したい場合に顕著に変化が分かります。このイメージでは主に常夜灯のレッドを引き立たせ、空が変に色かぶりを起こしていたので大幅にブルーを減らしました。ちなみにデータ内に存在しない色のスライダをいじっても効果はありません。

シャープネス
シャープネスの調整
このシャープネスの調整でイメージが引き締まります。大きなファイルサイズのイメージの場合は中間から設定して少なくしていくのが良いかと思います。サンプルのイメージは1500のサイズに縮小して合成したためにシャープネスを少しだけ掛けました。

最後の仕上げのすべての調整が完了したら「完了」のボタンを押して保存に入ります。

 

HDRイメージの保存

最後の仕上げの完了後、または調整画面で調整後に[適用]を押すとイメージの保存が可能です。
HDRイメージを保存する場合に方法が2つあります。

方法1:ワークフローショートカット内の「イメージの保存」をクリックします。
ワークフローショートカット イメージの保存

方法2:ファイル > 別名で保存...をクリックします。
メニューから別名で保存

保存ダイアログが表示されますので、合成イメージの名前の入力(デフォルトでは使った調整名が入っています)と保存ファイル形式を選択します。
イメージ保存ダイアログ

保存形式
16-bit TIFF ー 一番高品質な保存形式です。Photomatix ProでHDR合成をした後に、別のソフトで再調整をする場合にこちらを選択します。
8-bit TIFF ー ファイルサイズを小さくできるため、16-bitで処理ができないソフトがある場合はこちらを選択します。
JPEG ー Photomatix Proのみでイメージ編集を完結、またそのイメージをウェブ上でアップする場合はこちらを選択します。

kibune-normal_over_under_トーンマッピング済み

写真に混在している被写体や、雰囲気によってHDR合成も調整の方法が変わってきますが、どんな感じのイメージができるかわからないのでとても楽しいです。
皆さんもまずは色々な調整スライダを大胆にゴリゴリいじってみて、好みの調整方法が見つけて楽しんでみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る