メニュー

Lightroom / Photoshopを使いたい方へーキャンペーン情報

AdobeのLightroomはPhotomatix ProでHDR合成後のポストプロセスとしてPhotomatixユーザーにもかなり重宝されています。
私の場合は大量の写真をまとめるのが大変なのでLightroomの力を借りています。特にLightroom使っていて便利だと感じるのは、LightroomにいながらPhotomatix Proに写真をエクスポートしてHDR合成を始めることができるのことです。
また、この2つのソフトがあればHDR合成のみならず風景イメージ、ポートレイトイメージなども含めイメージ作成に関わる大半の調整は行えるので、イメージをしっかりと作り込みたい方にはオススメです。

今回AdobeからCreative Cloudの紹介キャンペーン(Amazonギフト券プレゼント)があります。

スクリーンショット 2016-08-23 11.02

Adobe社の製品を利用できるいくつかのプランがありますが、「Creative Cloud フォトグラフィプラン 個人版」がお得です。
このフォトグラフィプランはPhotoshopとLightroomが使用できるため、写真加工やイメージ作品作りに適したプランとなっています。

このプランの費用は月額使用料980円で、常に最新版のPhotosohpやLightroomを使うことができます。最新機種のカメラを購入した時に現像ソフトがRAWファイル対応が追いつかないことが多いので、いつでも最新バージョンを使えるのはとても健全です。
以前はLightroomのパッケージ版を利用したことがありますが、バージョンが変わるたびに追加購入が必要だったのでかなり良心的なプランとなっています。
該当プラン購入で2台のコンピュータにインストール、オンラインストレージ2GB搭載、無償サポートが付いています。
キャンペーンの内容

このフォトグラフィプランの購入でAmazonギフト券1000円のプレゼントがあります。
それほど大きい額ではないですが、もしLightroomを使ってみたいと言う方には良い機会かもしれません。

キャンペーンは購入後に申し込みが必要となっていますのでご注意ください。

Creative Cloud フォトグラフィプランの購入の仕方

プラン確認ページより個人用のフォトグラフィプランを選択します。
年間プランで「月々払い」か「一括払いか」を選択して、下の青い「購入する」ボタンを押します。

cc1

次のページで入力項目に従ってAdobe IDの登録をします。

cc2

登録名で「① ◯◯さんとしてログインしています」の状態になるので、次ページ内「② プランの支払い方法(月々/一括)」の確認、「③ 支払い情報」を入力、最後に「④ 申し込みの確認」をして完了です。

cc3

 

キャンペーンの応募の仕方

こちらのキャンペーン用のページにて登録時に取得したAdobe ID(最初はメールアドレス)と個人情報を入力、購入時の証明となるもの(メール履歴のスクリーンショット等で良いかと思います)を添付します。

cc4

以上が(少々手間が掛かりますが)申し込み方法となります。
キャンペーン申し込み期限は9月9日までで、プレゼント発送はキャンペーン終了後2ヶ月前後でAdobe IDで登録したメールアドレスに送られてくるそうです。

 

注意:このプランの解約(14日以内であれば無料)の場合、年間プランのため12ヶ月以前に解約した場合は、残りの契約期間の料金の50%を解約料として支払うこととなるようですのでご注意ください。
もしご自分の使用目的に合うかどうか不安な場合は、まずは体験版を利用してみて考えてみる方が良いかと思います。

 

関連記事

ページ上部へ戻る