メニュー

カテゴリー: カメラ用語

ブラケット撮影とは

普段HDR撮影を行わない方にとっては「ブラケット撮影」と言う言葉は聞きなれないかもしれません。 私の記事で紹介しているHDR合成をしていくためには、このブラケット撮影は欠かせない手順です。 ブラケット撮影とは 通常の露出撮影だけでは、そのシーンのすべ...  READ MORE

ISO感度(トマト缶で比較)

室内や夜景など、シャッタースピードが足りない時にはISO感度を上げて手ブレしないSSで撮影を行いますが、感度を上げるだけ、ノイズが増加します。 逆に低感度でも、長時間露光(1秒以上のSSで撮影)した場合には、高感度ノイズとは異なるノイズが発生しやすく...  READ MORE

ミラーアップ

撮影時のブレやピンボケを極限に無くす方法は、以下のように撮影環境を整えることです。 ー 三脚を立てて撮影をする、またはカメラを安定した場所に置く ー シャッターを指で押さず、リモコンかタイマーを利用する ー レンズ、またはボディの手振れ補正機能を...  READ MORE

手ブレ補正機能とは

手ブレ補正機能は、暗いシーンの撮影時にシャッタースピードが遅くなる場合に有効な機能です。写真のブレる確率少なくなるので普段からこの恩恵を受けています。 暗いシーンでの撮影、または室内での撮影は光量が足りないために手ブレが頻繁に起きます。 こんな感じ...  READ MORE

ホワイトバランスとは

下の写真は広島の宮島で撮影した写真です。その日は遠景がガスっていてあまり面白くない写真連発でしたが、敢えて緑色の強いホワイトバランス調整で撮影しておきました。少しは印象が変わったイメージになったのではないでしょうか。 ホワイトバランスはRAWで撮影...  READ MORE

RAWファイルとは

RAWデータでの撮影形式は、現在多くのカメラに搭載しています。 カメラ内の「画質設定」、「記録画質」などのオプションからJPEG→RAWの変更が可能です。 RAWファイルは高品質な状態で写真を編集するための記録形式です。 基本的にHDR合成で利用する...  READ MORE

ボケについて

カメラ業界では、「ボケ」とは決して頭のナントカのことを言うのではなく、写りの表現に使う用語です。 ボケとは、被写体の前後にあるモノやシーンを意図的にぼかして撮影方法のことです。 ピントの合う範囲を「被写界深度」と言いますが、その被写界深度を利用した方...  READ MORE

ページ上部へ戻る