メニュー

初心者脱出撮影テクニック

カメラを既に持っているけどなかなか始められない…
このページだけであなたは写真を撮りはじめます。と思います。

 

「カメラを勢いで買ったは良いけど、撮影せずにカメラがお蔵入り」とか、
「初めて飼ったんですけど、普段からどう接して良いか分からない」やら、
「外出先でカメラ小僧なんか思われるかもしれないし恥ずかしいかも」なーんて

そんな方がいたら参考にしていただければ嬉しいです。

撮影する上で覚えておきたいこと

そーゆーことか!

カメラで光を調節しています

カメラは撮影シーンの光の量を十分に取り込みデータ化します。その際にカメラに取り込む光量を調節するために、「絞り」「シャッタースピード」、そして「ISO」と言う3つの要素が関わってきます。
この「絞り」と「シャッタースピード」でカメラに入る光量を調節して、カメラ内で撮影シーンの光を補完する機能として「ISO」が存在しています。
高感度に強いカメラ、または感度を上げても画質が悪くならないカメラの場合は、シャッタースピードと絞りの組み合わせの選択肢がより広がるために重要です。

この3つの要素で混乱しますが、カメラ撮影をする上で覚えていく必要があります:

暗い撮影シーン(光に不利な条件)シャッタースピードは遅く、絞りは値が小さくなる
(光量が少ないためにシャッタースピードを遅く、絞りも大きく開けて光を吸収する)
明るい撮影シーン(光に有利な条件) シャッタースピードは早く、絞りの値は大きくなる
(十分な光量があるためシャッタスピードは速く、絞りは絞っても大丈夫)

と言うことで、当然日中の方が太陽の光の恩恵を受けることができるので、撮影バリエーションが広がります。(でも、夜は夜で工夫すると素敵な写真が撮れます)

露出とシャッタースピード、ISOの関係をこちらにあげておきます。

絞り、シャッタースピード、ISOの相関関係

各項目の値の上のアイコンが設定した値に対しての状況を表しています。上から「絞り値」、「シャッタースピード」、「ISO」の値です。以下にこの表の詳しい見方を説明します。

3つの各要素の機能と特徴、それから用途

ー 絞り値(F値)がF1.4のように小さい場合は人の背景がハッキリ見えませんが、F32では被写界深度が深くなり人、背景の山ともピントが合っています。

ボケを生かした撮影をしたい時 ー 日中は明るいために光がたくさんカメラに取り込まれ過ぎないようにF値が大きくなっているかもしれません。このF値を小さくするためにはシャッタースピードの設定を速い値(1/1000秒や1/4000秒などに設定 ※設定可能値はカメラ機種によって異なります)にするとシャッタースピードによって光を取り込む量が制限されるのでF値が小さくなります。
より絞りを開放(絞り値が小さい値の意)に近づけてボカした撮影をしたい場合は、ISOの設定値を低く(ISO 200やISO 50などに設定 ※設定可能値は各カメラ機種によって異なります)します。

全体にピントが合う撮影をしたい時
ー 少し暗めのシーンで全体にピントを合わせるには、十分な光量をカメラに取り込む必要があります。F値が大きいと光量を取り込むためにシャッタースピードに依存します。この場合のシャッタースピードは長い時間光を取り込む必要からシャッタースピードは遅くなります。
それでも光量が足りない場合は、ISOの設定値を高く(ISO 800やISO 3200などに設定 ※設定可能値は各カメラ機種によって異なります)して光の補完をします。


ー シャッタースピード
が1/1000のように速いと走っている人がハッキリ写っていますが、1/2ではシャッタースピードが遅いために人の動きが捉えられず、ブレています。

速いスピードのものを撮影したい時 ー 絞りはシャッタースピードを早くしないといけないので、絞りをレンズの開放値付近まで(F2.8やF4などの数値の小さい設定 ※開放値は各レンズによって異なります)開けて、図のように光がたくさん入るようにしてあげます。
それでもスピードが足りない、被写体がブレる場合はISOの設定値を高く(ISO 800やISO 3200などに設定 ※設定可能値は各カメラ機種によって異なります)してシャッタスピードを調整します。

車のテールランプの流れを撮影したい時
ー 道路を走り抜ける車の光を撮影するためにシャッタースピードの設定を遅くする必要があります。特に夕焼け時の光の明るさがある場合は、絞りを出来るだけ絞って(F8やF16などの数値の大きい設定 ※この値は各レンズによって異なります)意図的に絞りによって光量を取り込むことを防ぎシャッタスピードを遅くします。
さらにスピードを遅くしたい場合は、可能であればISOの設定値を低く(ISO 200やISO 50などに設定 ※設定可能値は各カメラ機種によって異なります)します。


ー ISO
50のように低感度の場合はくっきり写っていますが、ISO 25600では感度に無理がありノイジーで画質が悪いです。

センサー自体の性質上、どのカメラでもISO感度設定が低ければ低いほど画質が良いです(拡張感度は例外)。高感度の設定値はカメラ機種によって違いますが、ISO 800からISO 6400ぐらいまでの幅があり、高い設定値でも画質が荒れないカメラ機種は撮影表現の幅が広がるために様々な撮影条件で有利に働きます。ISOの設定は一般的にシャッタースピードとの関係性で使用することが多いです。
手ぶれを起こさないようにしたい時 ー ISOの設定値を高くするとシャッタースピードを上げることができるため、被写体がブレた写真を少なくすることができます。

極力画質を優先して撮影したい時
ー ISOの設定値を低くして撮影をします。(拡張感度はこれに当てはまりません)ただし絞り値が小さくなりがち(全体にピントが合う写真が撮りにくい)で、シャッタースピードも遅くなりがち(手ぶれを引き起こす)なために注意が必要です。

「絞り」、「シャッタースピード」、そして「ISO」の3つの要素を組み合わせながら適正露出、さらには自分の表現したい方法に調整していきます。基本的にはどんなレンズでもF5.6からF8が解像度のピークと言われますので画質優先の場合は、これを目安にして撮影シーンでのシャッタースピードとISOの変動を確認していくのも良いかと思います。

カメラ上部の撮影モードダイヤルを確認

でも、撮影場所によっては異常に明るく写った写真になったり、暗く写った写真になってしまったりします。色味も何か見ているものと違う感じで撮れてしまう。。。そんなことありませんか?

カメラの上部のダイアルを見てください。様々な撮影モードとしてアイコンやアルファベットが並んでいますが、商品を購入してから一度も触っていなければダイアルの設定がPアイコンになっているかもしれません。また設定がASなどになっている場合は、撮影シーンによって写真が明るすぎたり、手ぶれしていたりして上手く写らない原因かになっているかもしれません。

ー 設定を変更してみましょう ー

モードダイアルの変更
ダイアル設定がPアイコンのままの場合は、せっかく買った自分の相棒の事をもう少し理解するためにこのダイヤルを回すことから始めましょう。
最初は是非ダイヤルモードを敢えてASに設定を変更して撮影をチャレンジしてみてください。Aは「絞り優先」モード、Sは「シャッタースピード優先」モードとなります。

A(Av)「絞り優先」モードとは「レンズの絞り」と言うものが調整できるモードで、ピントの合う奥域を調整できます。モデル撮影や料理の写真を撮るシーンから風景撮影まで広い用途があるモードです。

「絞り優先」モードで最低限注意しておきたいことは、数字の値が低い設定をするとボケが大きめに表現出来ますが、明るいところでは写真が白っぽく映る可能性があります。また数字が高い設定をすると画面全体がクッキリ写りますが、暗いところではブレた写真になりやすいです。

S(Tv)「シャッタースピード優先」モードは「シャッタースピードの調整」ができるモードで、典型的な利用シーンとして、動きのある動物や乗り物などを撮るときに使います。

「シャッタースピード優先」モードで最低限注意しておきたいことは、シャッタースピードが高く設定すると撮影するものの動きを止められますが、暗いところでは写真が暗く写る可能性があります。数字が低く設定すると動きが流れるような写真の表現が出来ますが、明るい撮影シーンでは写真が明るく写りすぎる可能性があります。

経験者に「最初はM「マニュアル」モードで勉強したほうが良い」と言われて、訳も分からずカメラと格闘している場合があります。これをしていると本来気軽に楽しく出来る写真撮影ではなくなってカメラが遠のいてしまいます。
出来れば上記で説明したA、またはSのいずれかのモードから勉強することをオススメします。

だんだん覚えておきたい項目


「カメラのマニュアルモード」と「レンズのマニュアルモード」

このふたつは全く別物と考えてください。
「カメラのマニュアルモード」は撮影時の光の調整を手動でマニュアル設定することなので、カメラのジョグダイアルで露出を調整を手動でおこないます。
「レンズのマニュアルモード」はフォーカス(ピント)の調整をマニュアルでおこなうことなので、レンズの帯を回してファインダー/モニターでフォーカス/ピントの調整を手動でおこなうことです。


適正露出について

見た目に近い感じで写真が撮影される露出状況を適正露出と言います。
P「プログラム」モードやA「絞り優先」モード、S「シャッタースピード優先」モードで撮影した写真のデータをプレビューで確認してみましょう。日なたで撮影した写真、日陰で撮影した写真で絞り値やシャッタースピード、またはISOの数値がかなり変わっていることが分かると思います。


露出補正をプラスとマイナスで調整

露出補正計表示
露出補正を使えるようになると、かなり撮影にこだわってきている状態です。カメラ算出した適正露出で撮影した写真にもう少し色味の変化を与えたい場合、カメラでも正確に適正露出が取れないシーンでは非常に役に立ちます。
深みのある雰囲気の表現には少しマイナスに補正、柔らかい雰囲気の表現には少しプラスに補正してみます。


ホワイトバランスとフィルター

ホワイトバランス表
組み合わせると好みのテイストを作り出すことが出来ます。通常はオートでも構いませんが、風景であれば「曇り」や「日陰」などの設定だと暖色系になって雰囲気は作りやすいです。特に夕焼けなどには良く映える設定です。


撮影後の写真をしっかり確認

出来れば撮影した写真をPCに読み込んで、なるべく大きな画面で写真を選別しましょう。
良いものはチェック、悪いものは消去して次に進みます。消去するときも「なんでうまく撮れなかったんだろう」と追求すると上達します。その後で家族、友人に見せたり、Facebookに公開して皆んなの意見を聞いたり、自分の写真を客観的に見てみると何か新しいことに気づくかもしれません。


写真のボケ味について


ボケ写真イメージ
写真撮影に慣れてきたら「ボケ」の表現を意識していくと撮影の幅が広がります。

キットレンズではあまりボケを楽しむことは出来ませんが(ダブルズームレンズキットをお持ちの方は望遠レンズを利用すれば結構イケます)、各メーカーで50mm前後の明るい単焦点を非常に安価に販売しているので、ステップアップとして購入しても良いかと思います。

カメラ屋さんでレンズを試し撮りで使わせて貰えるようなら、自分のカメラに装着する許可を貰って実際にファインダー/モニターを確認すると良いです。

 

撮影時にすること

楽しく、そして気持ち良く撮影する
一番良いのは旅行に出ることです! 
その旅行先で沢山の思い出を撮ってみてください。感動したものに指が動かされるのが一番の上達への近道です。
とにかく何でも撮ってみましょう。出来れば犬とお散歩するかのように、カメラと一緒に普段歩く道をゆっくりと歩いてみてください。

デジカメは電池とカードの容量が限界にならない限り、いつまでも撮影を楽しむことが出来ます。そしてモニターですぐ自分の撮影した写真を確認出来ます。


昔は機材も重く、撮影するたびにお金が掛かる時代でした。フィルム代金だけでなく、撮影する分だけフィルムを持参し途中で取り替える作業があったり、業者に持って行き、代金をまた支払って、フィルムの現像が完了して初めて撮影した写真が確認できると言うものスゴく手間の掛かるものだったのです。

それに比べて現在は本当に気楽に、そしてお金をかけずカメラの勉強ができます。初めは沢山失敗して自分のイメージした写真と実際に撮れた写真が何故違うのか、そしてどう言う風に付き合えばカメラはご機嫌なのか探ってみてください。

 

被写体はどこにでもある

指フレーミング
両手の親指と人差し指を90度にして四角を作ってそこから片目で景色を覗いてみてください。

その構図の中にドラマが作れればきっと良い写真になるはずです。きっと今あなたが座っている周りにだって沢山のドラマがあるはずです。
時間の経過と共に古びた椅子、いつも食事でお世話になっている箸、落ち着く部屋のソファ、窓枠を入れた外の景色、周りにある花など。。。

カメラを通して普段の生活では気づかなかったモノのドラマや有り難み、生命の息吹などを感じて心の余裕ができると嬉しいです!!


何となく写真撮影に自信が持てるようになりましたか?

写真撮影は覚えることよりも慣れることの方が重要です。考えていると大事なシャッターチャンスを逃してしまいますからね。
段々撮影に慣れてきたら、このサイトのカメラの勉強のまとめや、カメラ用語のまとめを参考にまた勉強してみてくださいね。

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

関連記事

ページ上部へ戻る